ニュース
» 2019年08月27日 15時00分 公開

「意識低すぎ」な日本のビジネスパーソン:日本人の出世意欲、アジア太平洋地域で「断トツの最下位」 国際調査で判明 (1/3)

日本人の出世意欲、アジア太平洋地域で断トツの最下位に。パーソル総研の国際調査で判明した。日本のビジネスパーソンの国際競争力に不安も。

[服部良祐,ITmedia]

 「日本人は世界的に断トツで出世意欲が無い」――人材サービスを手掛けるパーソルグループ傘下のパーソル総合研究所(東京・港)がアジア太平洋地域のビジネスパーソンを対象にアンケート調査したところ、日本人の上昇志向の際立った低さが浮き彫りとなった。調査結果では「自己研さん」「起業・独立志向」といった項目でも軒並み最下位を記録した。日本の人材の国際競争力低下も懸念される結果に……。

photo 日本人は世界的に見てもあまりに出世意欲が低い……なぜ?(写真はイメージ。提供:ゲッティイメージズ)

日本の管理職、仕事量や労働時間が多く魅力的でない

 調査は同研究所が19年2〜3月、アジア太平洋地域(APAC)の主要な14の国・地域で働くビジネスパーソン各1000人を対象に、Web上で実施。東アジアは日本や中国、韓国など、東南アジアではタイにインドネシアなど、加えてインド、オーストラリア、ニュージーランドの人に、就労の実態や仕事・転職への意識などを聞いた。

 「会社で出世したいか」という質問に5段階で回答してもらったところ、日本は平均で「2.7」と、ワースト2位のニュージーランド・韓国の「3.7」に大差をつけて最下位となった。「管理職になりたいか」という質問でも、「そう思う」「ややそう思う」と回答した割合は日本では21.4%と、やはり断トツで最下位。ちなみにトップのインドでは86.2%が「管理職になりたい」と回答した。

photo アジア太平洋の14カ国・地域のビジネスパーソンに聞いた「管理職になりたいか」「会社で出世したいか」調査(パーソル総合研究所調べ)

 同研究所の担当者は「日本の非管理職のビジネスパーソンは、周囲にいる管理職の働き方を見て『管理職になりたくない』と感じているのではないか。今の日本の管理職は、働き方改革の影響で部下の負担を減らすため自分の負担が増している。仕事量や長時間労働の面で魅力的に映っていない」と推測する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia 総力特集