ニュース
» 2019年08月29日 10時24分 公開

巨大な税収源:BATJ、たばこ「ラッキー・ストライク」など80銘柄値上げ申請 値段は今後も上昇の見込み

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンがたばこの価格改定を申請。「ラッキー・ストライク」や「ケント」「クール」など80銘柄が対象。2020年、21年にはたばこ税の改定が予想されており、再度の値上げが予想される。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)は8月28日、たばこ製品の価格改定申請を財務省に行った。

 対象となる銘柄は、「ラッキー・ストライク」「ケント」など紙巻たばこを中心に80銘柄で、10〜20円の値上げが予定される。

 今回の改定は、10月の消費増税に合わせたもの。申請が認可されれば、10月1日に改定が行われる。すでに日本たばこ産業(JT)やフィリップ・モリス・ジャパンは消費増税に合わせた改定の認可を受けており、BATJが認可を受ければ大手3社の足並みが揃うことになる。

大手3社の対応が揃った(出所:BATJ公式Webサイト)

21年まで毎年値上げ予定

 たばこの価格は、たばこ税の改定により18年10月にも行われた。たばこ税の改定は20年、21年にも予定されており、4年連続で値上げされることが見込まれる。たばこの価格には、国たばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税、消費税と4種類の税金が含まれている。JTによると、一般的な紙巻たばこでは価格の6割が税金だという。

 財務省の「たばこ税等に関する資料」によれば、紙巻たばこの販売数量は1996年の約3.5億本をピークに、17年度は約1.5億本と減少傾向にある。それでも税収自体は2兆円前後で毎年推移しており、このままたばこの売り上げが減っていけば、税率を引き上げて税収を維持する可能性もありそうだ。

改定予定の銘柄(1)
改定予定の銘柄(2)
改定予定の銘柄(3)
改定予定の銘柄(4)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集