ニュース
» 2019年10月01日 11時57分 公開

あえて現金ぽいイメージのある新橋で JCBがキャッシュレスイベント

JCBは10月1日から、キャッシュレス決済のイベント「#JCB みんなのキャッシュレス」を開始した。第一弾として、東京・新橋ガード下の9店舗にて、ドリンクが半額となるサービスや、キャッシュレス限定メニューを提供する。

[斎藤健二,ITmedia]

 JCBは10月1日から、キャッシュレス決済のイベント「#JCB みんなのキャッシュレス」を開始した。第一弾として、東京・新橋ガード下の9店舗にて、ドリンクが半額となるサービスや、キャッシュレス限定メニューを提供する。

 「支払いが現金ぽいイメージがあるところで、消費増税で財布のひもが固くなりそうなサラリーマンの人たちが集まりそうなところ」(JCB)ということで、新橋を選定した。

 ドリンク半額は、JCB発行のクレジットカードや、JCBカードとひも付けた非接触決済QUICPayの利用が対象。限定メニューは各種クレジットカードや電子マネー、iD、QUICPayが対象となる。

JCBの岩井克実常務執行役員

 JCBの岩井克実常務執行役員は、同社が7月に行った調査結果を挙げ、次のように話した。「クレジットカードを利用している人のうち、65%が利用をためらった経験がある。理由は使えるかどうか分からない、残高が足りるか心配、少額だと嫌がられる気がするといったもの。対して、会計側は、現金よりキャッシュレス決済のほうが楽が70%、金額に関係なくキャッシュレス決済を利用してほしいが77%だった。お客さまとお店では認識にギャップがある」

 今回のイベントは、このギャップを解決するためとしている。

 第1弾の新橋ガード下は10月1日から7日まで。第2弾として、札幌 場外市場(10月24日〜27日)、名古屋 金シャチ横丁(10月31日〜11月3日)、広島 横川商店街(11月12日〜13日)などで開催する予定。

「#JCB みんなのキャッシュレス」の第一弾を展開する新橋のガード下

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間