連載
» 2019年11月28日 05時00分 公開

ホリエモンがHPVワクチンを打った理由――ハヤカワ五味と語る「感染しない、感染させない、感染源にならない」堀江貴文が語る「予防医療」【後編】(3/6 ページ)

[田中圭太郎,ITmedia]

映像教材で啓発する

堀江: 僕は子宮頸がんの予防のために、映画を作るのもいいのかなと思っていました。

ハヤカワ: どんな映画ですか。

堀江: アメリカの元副大統領アル・ゴアが主演した『不都合な真実』みたいな。あの映画のおかげで世界中の人たちが地球温暖化問題は大変だなと思ったんですよね。だから映画や映像作品には、そういう力があるのかなと感じています。

ハヤカワ: 日本国内のNetflixは分からないですけど、イギリスのNetflixとかは課題提起とか問題提起をしている印象がありますね。そういったメディアで「日本のヤバイワクチン接種率」みたいなテーマで取り上げられると、だいぶ印象が変わる気がします。

堀江: 協会も別のテーマで映画を作ろうとしていますし、本も継続的に出していきますよ。

ハヤカワ: 子宮頸がんの問題に加えて、日本の性教育もかなり浅いじゃないですか。そこを変えていきたいと個人的に思っています。今の保健の授業では「オーラルセックスで感染しないように」なんて言えませんから。

堀江: だから、そのテーマで映像教材を作ればいい。リクルートに行って、スタディサプリのチームに作ってもらうといいと思いますよ。スタディサプリはいまシェアを伸ばそうと思って一生懸命頑張っていますから。

ハヤカワ: そうなんですね。リクルート行ってきます(笑)。

phot

堀江: なぜスタディサプリで映像教材を作るのがいいと思ったかというと、学校の先生が恥ずかしがって教えないからです。もっと言うと前提知識も浅くて、知らなかったりする。だから「今日は性教育のビデオを流すから、これを見ておいて」という方がいいと思います。

ハヤカワ: 産婦人科の医師や、助産師の方も性教育のYouTubeを公開していますね。「保健の授業で見てよく分からなかったから病院にきました」とか、「親が見せてくれた」と話す子が多いそうです。性教育でも明るく話している人から聞くのは、恥ずかしくないですからね。

堀江: スタディサプリみたいに、分かりやすく面白く教えないと。僕のコンサル先に自動車学校があります。南福岡自動車学校というところで、コンサルで最初に何をやってもらったかというと、教習所の動画を作り替えました。

 学科教習で見る動画はものすごくつまらないじゃないですか。みんな寝ていますよね。先生が何十分かしゃべらなければならないと法律で決まっているそうですが、20分くらいは動画を流せます。その動画を全部変えさせました。

 元TBSのディレクターでシナリオを作るのがうまい人をキャスティングして、CGはアニメーションがうまい会社をアサインして作りました。そうしたら全国100カ所以上の自動車学校に採用されて、すごく評判もいいですね。

phot 分かりやすく面白く教えられるのが動画の強みだ(南福岡自動車学校のWebサイトより)

ハヤカワ: いいですね。それこそ最近、国内線でも国際線でも飛行機の搭乗のときに流れる動画は非常にレベルが上がっていますよね。

堀江: あれはたぶん、最初にやったのはヴァージンかな。

ハヤカワ: おしゃれで見ていたくなるような作りになっていて、映像の力はあるなと思いますね。

堀江: 力はあるね。ANAの動画は変わったよね。

ハヤカワ: ANAの動画はかっこいいですよ。ベルトの締め方とか。

堀江: JALの動画はいまだにカッコよくないですね。最近新しくなったと思うんだけど、ちょっと古いみたいな。

ハヤカワ: 新しくなったはずなのに(笑)。他が進んでいるのかな。

堀江:  進みすぎるといっても、ただ外注しているだけだからね。何でそうなるのかは分かっています。Webの制作会社をしていたときに、航空会社の仕事も受注したことがあります。コンペになると何か知らないけどANAのグループ会社みたいなところがコンペに応募してきて、センスが良くないんですよ。

ハヤカワ: それが通っちゃう。

堀江: こんなケースもあります。20年くらい前、ANAのWebは僕が最初に作りました。そのとき、僕の会社のプレゼンが良すぎて、子会社のプレゼンはあまり良くなかったんですね。でも、「発注はその子会社経由でお願いします」と言われました。そのときは内容がよくなったので別にいいですけど、そういうことが行われているということですね。

 動画はすごくいいですよね。子宮頸がんとか、生理とか、そういう性的なことに関する授業をやるシリーズを作ったら、多くの学校で流してくれる気がします。クラウドファンディングもいけると思う。

ハヤカワ: 友達がそういう動画を作っているんですけど、ぜひ大々的にやりたいと話しています。

堀江: シリーズにして10本分とかにして、それで保健体育の授業が全部できる。安心だし、先生も手間がかからなくていいじゃないですか。

ハヤカワ: 内容が抜け落ちることもないですね。

堀江: 確認テストみたいなものも用意して、完パケにして教育関係者は無償で使えるようにする。その代わり、性教育に問題意識を持っている人たちへ支援を呼びかけるのはどうですか。

ハヤカワ: それはいいですね。

堀江: やっていただきたいですね。そこにHPVの話も入れるといいのかなと思います。

ハヤカワ: 基礎知識がないと分からないから、「50歳過ぎてから検査すればいいか」みたいな考え方の子が同世代だと多い印象があります。

堀江: 50歳を過ぎてから子宮頸がんが確定したら大変なことになりますよね。

ハヤカワ: がんと一口にいってもそれぞれ全く違うわけじゃないですか。いつ頃発症しやすいとか。そういったことの前提知識は、ある程度人生の勉強として必要だと本当に思います。

phot

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -