インタビュー
» 2019年11月26日 05時00分 公開

人気テレビプロデューサー・栗原甚の仕事哲学:『¥マネーの虎』生みの親が明かす! 難攻不落の社長たちを口説き落とした【準備ノート】のススメ (1/4)

日本テレビで放送された伝説の人気番組『¥マネーの虎」。その番組の生みの親で、企画・総合演出・プロデュースをすべて担当したのが栗原甚さんだ。注目すべきは各業界の異端児であり多忙を極める社長たちを、いかにしてキャスティングしたのか。“虎”たちを口説き落とした秘密を聞くと、困難な状況を救った【1冊のノート】の存在が浮かび上がってきた。世界的なヒットコンテンツ誕生の舞台裏に迫る。

[森永康平, 今野大一,ITmedia]

 現役のプロデューサーが書いた新感覚のビジネス書『すごい準備』が話題を呼んでいる。その理由は、テレビ業界以外でも使える「ノウハウ」が満載だからだ。最近では、ラジオ出演をはじめ、有名大学・大手金融機関・出版社など異業種からのオファーを受けて特別講演をするなど、引っ張りだこの男がいる。

 2001年10月から04年3月まで日本テレビで放送された伝説の人気番組『¥マネーの虎」。一般人の志願者が新しいビジネスの事業計画をプレゼンし、“虎”と呼ばれる5人の社長に出資を求めるという内容で、企画の斬新さが人気を博した。マネー成立した志願者は、実際にお金を動かして事業を興し、成功した者も少なくない。番組には堀之内九一郎、高橋がなり、小林敬、加藤和也、川原ひろしといった強烈な個性を持つ社長たちが登場した。司会は俳優の吉田栄作、「ノーマネーでフィニッシュです」という決めせりふは一世を風靡した。

 放送から20年近く経(た)つ今なお、熱狂的なファンが絶えない。人気は国内にとどまらず、米国では『SHARK TANK』、英国では『Dragons'Den』として放送されるなど、世界35カ国以上にフォーマット販売され、 現在184の国と地域で放送されている。

 その『¥マネーの虎』の生みの親で、企画・総合演出・プロデュースをすべて担当したのが、日本テレビの演出・プロデューサーである栗原甚さんだ。

 注目すべきは先述した、各業界の異端児であり多忙を極める社長たちを、いかにしてキャスティングしたのか。「投資」には失敗すればお金が戻ってこないというリスクがあるが、いかにして“虎”たちを口説き落としたのか。栗原さんにその秘密を聞くと、困難な状況を救った【1冊のノート】の存在が浮かび上がってきた。世界的なヒットコンテンツ誕生の舞台裏に迫る。

phot 栗原 甚(くりはら・じん) 北海道札幌市出身。日本テレビ/演出・プロデューサー。「準備を制する者は、人生を制す」をモットーに、自ら考案した『すごい準備』(準備ノート、RPDサイクル、口説きの戦略図)という人生最強のメソッドを駆使して毎回、独創的かつ常識破りの企画で、視聴者を虜にする有名クリエイター。『さんま&SMAP』『伊東家の食卓』『ぐるナイ』『行列のできる法律相談所』『さんま御殿』など数多くのバラエティー番組を手掛け、最近では国民的ギャグ漫画『天才バカボン』を実写ドラマ化し話題を呼んだ。近著に『すごい準備 誰でもできるけど、誰もやっていない成功のコツ!』(アスコム)(撮影:山崎裕一)

深夜だからって、静かな番組を作る必要はない!

――伝説の人気番組『¥マネーの虎』誕生のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか?

 企画募集されたときの条件は「深夜枠」で「低予算」だったんですよ。土曜の深夜0時50分放送という遅い枠でした。予算がないと有名なタレントは呼べないし、豪華なセットも作れない。そうなるとトーク番組しかありません。それなら、いっそのこと“タレント”の代わりに“一般人”を起用するトーク番組が作れないか……と考えました。

 一方トーク番組といっても、熱いものがやりたいと思ったんです。当時の自分と同じ30代の男性が見て面白いと思う企画、とにかく温度が高い番組を作りたいと思っていました。深夜だからって、静かな番組を作る必要はない……そう信じていました。

――「深夜の時間帯」かつ「低予算」というのは、かなり厳しい環境に思われます。 

 そうなんです。どんなに面白い企画でも、やはり「予算がない」という壁に直面すると、断念することがあります。でも、僕は発想を変えて「お金がないから、誰かお金を出してくれないかな。誰でもいいからスポンサーになってくれないかな……」って本気で考え始めたんですよ。理由は、あるエピソードを教えてもらったからなんです。

 映画監督のスティーブン・スピルバーグは、よく映画館にフラっと足を運ぶらしいんです。ある時、横に座っていた映画青年がスピルバーグに気づいて、自分が温(あたた)めていた映画の企画を熱くプレゼンしたそうです。すると、スピルバーグが「ぜひ、その映画を作ろう!」と言って、お金を出してくれたという逸話です。

 「お金はないけど、アイデアはある人」がお金持ちに大金を出してもらい、夢を叶(かな)えるっていいなと思いました。アメリカンドリームじゃなくて、ジャパニーズドリームみたいな。素晴らしい企画や才能はあるんだけど、運や縁、人脈がない人っているじゃないですか。そこから番組のアイデアが膨らんでいきました。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -