調査リポート
» 2019年12月03日 06時00分 公開

最も多いのが「対面」でのあいさつ:年末年始の挨拶回り、迷惑に感じている人の割合は? “手土産”ランキングも発表 (1/2)

12月となり、年末年始のあいさつ回りを考えるシーズンとなった。恒例行事として行いがちだが、訪問される側はどう思っているのか? また、あいさつ時に持参するものには何が多いのか? 調査結果で明らかに

[鬼頭勇大,ITmedia]

 12月になり、得意先へのあいさつ回りを考えているビジネスパーソンも多いだろう。ただ、実際にあいさつ(訪問)される側はどう受け止めているのだろうか。リクルートマネジメントソリューションズが12月2日に発表した調査結果によると、6割近くが「できればやめてほしい」と考えていることが分かった。

年末年始のあいさつ回りシーズン到来(出所:ゲッティイメージズ)

 リクルートマネジメントソリューションズが行った調査によると、年末年始のあいさつ回りについて、「面倒、できればやめてほしい」と考えている“あいさつ(訪問)される側”のビジネスパーソンは全体の58.8%にのぼる。ネガティブに考えている理由には「仕事が中断されるから」や「時間が拘束されるから」といったものから、「品物は受け取れない決まりになっているのに、無理やり渡されるから」といったコンプライアンスに関するものがあった。

6割近くが「やめてほしい」と考えていた(引用元:リクルートマネジメントソリューションズ調査)

 反対に、“あいさつ(訪問)する側”で、「積極的に行いたい」と答えた人は全体の56.3%だった。こちらの理由には「面談の絶好の機会であるから」や「営業上欠かせないものなので」というコメントが並んだ。回答した人の中には、実際に大型の発注を受けた人もおり、訪問する側にとっては“誠意”を見せる絶好の機会だと考えている人も多そうだ。

 なお、年末年始のあいさつ回り方法で最も多かったのは「年末に訪問(対面)」で78.5%。次いで「年始に訪問(対面)」が55.3%と、対面でのあいさつが重視されている結果が明らかになった。3位には「年賀状」(48.8%)がランクインし、SNSなどの発達で個人間の年賀状人気が下火になる中、まだまだビジネスの場では存在感を発揮していることが分かった。

あいさつ方法は「対面」が最多(引用元:リクルートマネジメントソリューションズ調査)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -