ニュース
» 2019年11月29日 17時45分 公開

“善意”のボランティアにどう説明するのか:「ボランティアのはずなのに、アルバイトとして募集している!」 ネットで話題の東京五輪時給1600円スタッフ 真相を組織委員会に直撃 (1/2)

ボランティア募集していた東京五輪のスタッフ。もともと無償であることに批判が集まり、ネットで話題になっていた。しかし、目標としていた8万人に対して20万人超が応募。交通費として1000円を支給することにもなり、落着したかと思われた。ただ、最新のタウンワーク誌上で時給1600円から、アルバイト募集していると話題に。ボランティアとの違いは何なのか。組織委員会に聞いた

[鬼頭勇大,ITmedia]

 「ボランティアのはずなのに、アルバイトとして募集している!」――。数日前からTwitterを中心に、東京オリンピックのスタッフについて、こんな話題が巻き起こっている。一部の情報によると、リクルートジョブズの発行する求人誌「タウンワーク」上で募集がされているらしい。筆者が入手したタウンワークの11月25日〜12月1日号の表紙には、確かに「東京2020オリンピック・パラリンピックを支える仕事特集」と大々的に書いてある。

「特集」として五輪スタッフアルバイトを募集(画像は「タウンワーク」11月25日〜12月1日号。左から「中野・杉並版」と「新宿・高田馬場・四谷周辺版」)

 スタッフをボランティアで募集することには、さまざまな議論が巻き起こった。その多くは、温暖化で過酷な環境になりつつある日本の真夏に、無償で従事させることを問題視するものだった。これに対し、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は1日当たり一律1000円の「交通費」を支給すると決定していた。

 組織委員会の発表によると、目標としていた8万人に対して最終的に20万人超が応募。批判を受けたにもかかわらず多くの人を集めることに成功し、問題は解決したとみられていた。その矢先になぜ、アルバイトの募集が始まったのか。

 タウンワーク上に掲載されている求人は時給1600円〜で、「競技会場運営」、「選手村運営」、「国際コミュニケーション」など8職種。その多くがボランティアとして募集した職種と重なる。多くの人が“善意”からボランティアに応募したのに、もし同じ内容でアルバイトを募集しているのであれば、不平等が生じる。今回の募集についてどう考えているのか。また、ボランティアとアルバイトの違いは何なのか。組織委員会に聞いた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -