3分Biz.
調査リポート
» 2019年12月03日 13時58分 公開

アイドル関連が話題に:2019年にメルカリ内で検索回数が急増した「トレンドワード」トップ10が発表 出品人気はアイドルや新元号に集中

2019年、メルカリ内でトレンドとなったものが発表。18年と比較すると、トップ10には食品関連が増えた。出品ワードマップにはアイドルや新元号が目立った。新元号に関しては、発表後に検索数や出品数が激増したという。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 メルカリは12月3日、2019年にメルカリ内で検索されたワードのうち、18年と比較して検索回数が急上昇したもののランキング「メルカリトレンドワード2019」と、出品する際に使用された特徴的なワードをまとめた「出品ワードマップ2019」を発表した。

2019年のメルカリを振り返る発表がなされた(出所:メルカリ公式Webサイト)

 メルカリトレンドワードは、19年1月1日〜11月11日までに検索されたワードが対象。1位には、スマートフォンの「Galaxy S10」がランクイン。同機種は5月に発売し、携帯キャリア各社のプロモーションによって認知度が拡大することで、検索数が急上昇した。また、10位までにランクインしたもののうち、2つを「ゲーム」が占めた。今まで中古ショップに行っていた層も、メルカリへのシフトが進んでいそうだ。また、18年のトレンドワードと比較すると、お菓子に関するグッズやオマケといった食品関連のワードが増えている傾向にある。

ランキングのトップ10

 出品ワードマップ2019では、「けやき坂46」からグループ名を変更した「日向坂46」や日韓合同アイドルグループ「IZ*ONE」、乃木坂46の楽曲『帰り道は遠回りしたくなる』などアイドルに関するワードが目立つ。

 新元号「令和」も「令和元年」とともに大きく表示。ユーザー起点で「令和記念セール」と称した出品が出るなど、メルカリ内でも大きく話題となったようだ。メルカリによると、新元号の発表後1時間で「令和」を含んだ出品件数は300件以上、検索回数も約5000回を数えたという。

アイドル関連や新元号が話題になったようだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -