#SHIFT × Tech
ニュース
» 2019年12月09日 13時54分 公開

マスクやサングラス着用でも顔認識 防犯&マーケティング向けAIサービス

トリプルアイズは、同社の画像認識プラットフォームを導入した防犯&マーケティングAIソリューションシステムを発表した。日本防犯システムが販売を行う。

[城戸芳充,ITmedia]

 スマホやPCのログイン認証で利用する機会が多くなった顔認証。こうした技術を利用して防犯やマーケティングに役立てようとするサービスが増えている。

 トリプルアイズが開発した画像認識プラットフォーム「AIZE(アイズ)」もその1つだ。ディープラーニング技術を用いて人の顔を512の特徴量によって把握し、マスクやサングラスを着用した場合でも高い精度で人物の認識が行えるという。認証率は正面画像の場合で99%をうたう。

photo システムの概略

 今回発表されたソリューションでは、防犯カメラの画像をクラウド上で解析することで、来店者数や再来店者(リピーター)の把握、男女比率や年齢情報といった属性情報の分析、あるいは危険人物の通知による再犯防止への利用などに役立てることができる。また、データは一括で管理されるため、チェーン店などの場合も本部と店舗の両方の負担減につながるとしている。なお、「サングラスとマスクの同時着用での属性取得は厳しい」(同社)とのことで、こちらは不審者通知を想定しているようだ。

photo AIZEで取得できる情報
photo 活用のメリット

 トリプルアイズは、セキュリティコンサルティングの日本防犯システムとの業務提携を発表。同ソリューションの販売は日本防犯システムが担当する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間