連載
» 2020年01月17日 07時00分 公開

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:新型特急「ひのとり」がくる! 2020年、近鉄から目が離せない (1/5)

2020年3月、近畿日本鉄道の新型特急「ひのとり」がデビューする。名古屋〜大阪間で東海道新幹線と競争だ。さらに、フリーゲージトレインの開発や、複数集電列車による大阪・夢洲と近鉄沿線の直通構想もある。近鉄が日本の鉄道の「常識」を変えるかもしれない。

[杉山淳一,ITmedia]

 2020年、鉄道の話題の一つに、近畿日本鉄道の新型特急「ひのとり」デビューがある。名古屋〜大阪間で東海道新幹線とガチな競争だ。さらに19年は複数集電列車、18年は軸間可変列車の構想を発表した。これらの技術革新の続報があるかも注目したい。

3月14日にデビューする近鉄新型特急「ひのとり」(イメージ)

名阪特急「ひのとり」が新たな伝説をつくる

 近畿日本鉄道は3月14日、名阪特急ルートに新型車両「80000系電車」を投入する。愛称は「ひのとり」だ。従来の近鉄特急のイメージを変える真っ赤な車体に、鳳凰(ほうおう)を連想するシンボルマークが描かれる。客室設備は「プレミアム車両」と「レギュラー車両」の2種類を用意。6両編成のうち、両端の運転台付き車両が「プレミアム車両」で、中間車4両が「レギュラー車両」だ。

 プレミアム車両はハイデッキフロアで、運転席越しの前方、後方の眺望も楽しめる。座席は1+2列の本革シート。電動リクライニングシートとレッグレスト、シートヒーターを装備。前後の間隔は1300ミリで国内最大級。バックシェルを採用し、後席を気にせずにリクライニングできる。JR東日本が新幹線で採用した「グランクラス」並みの装備だ。

プレミアム車両はゆったり3列。従来の名阪特急「アーバンライナー」もデラックスカーは3列だった。「ひのとり」は座席の快適性を向上した

 レギュラー車両もバックシェルタイプのシートを採用した。前後の間隔は1160ミリで、近鉄のレギュラーシートとしては最大。新幹線のグリーン車に匹敵する。バックシェルがあるぶんだけ新幹線グリーン車より格上感がある。

 近鉄名古屋〜大阪難波間の運賃と特急料金と特別車両料金は、レギュラー車両の場合は4540円。プレミアム車両の場合は5240円だ。ちなみに、東海道新幹線の名古屋〜新大阪間は普通車指定席で6680円(通常期)、スマートEXで6480円(同)だから、プレミアム車両にしても新幹線より安い。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間