連載
» 2020年02月25日 14時50分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:食中毒事件を乗り越えてモスバーガーが復活 消費増税を追い風にできそうな理由とは? (4/6)

[長浜淳之介,ITmedia]

「ジャンボメンチ」の投入で反撃

 売り上げ回復の起点となったのは「ジャンボメンチ」や現在発売されている「チキン南蛮」などの商品で、価格は300円台。価格が比較的こなれている。

 これらは、日本で生まれ、日本で育ってきたハンバーガーチェーンであるモスバーガーにしかできないような独自性の高い商品を提案する「MOS JAPAN PRIDE」シリーズとして発売されたもの。米国のハンバーガーとは違うというわけだ。

 「MOS JAPAN PRIDE」シリーズの第1弾として、19年9月、「ジャンボメンチ」と「海老天七味マヨが期間限定で発売された。

 ジャンボメンチは日本生まれの洋食であるメンチカツを、バンズからはみ出すほどのスケール感のあるサイズで楽しむ、食べ応えあるハンバーガー。使用しているカツの重量は、定番の「ロースカツバーガー」の1.6倍。モス史上最大級のサイズを持つカツとなっていた。牛メンチカツのメンチは、牛のバラ肉やモモ肉などを合わせ、約9.5ミリの大きさで粗びきとした。

ジャンボメンチ(販売終了)

 一方の海老天七味マヨは、代表的な日本料理の海老天を2本使用。ゆずの香りがする天つゆ風ダレに漬けられた海老天は、ザクリザクリとした食感。かんだ時の音までおいしいというのが特徴だった。日本三大七味唐辛子の一角を占め、京都で360年もの歴史を持つ「七味家本舗」の唐辛子を使用。この商品は和食を目的に来日する海外旅行者を狙った。

海老天七味マヨ(販売終了)

 「MOS JAPAN PRIDE」第2弾となる「とびきりベーコン&チーズ〜北海道産ゴーダチーズ使用〜」が19年11月末に発売された。これもベーコンがバンズから大きくはみだす迫力あるフォルムで、年末だからこそ頑張った自分へのご褒美となるバーガーを、と訴えた。ベーコンは国産の桜の木のチップで燻製して、香り高く仕上げた。500円を超える高額品だったが、これもヒット。パティを2枚重ねた「ダブルとびきりベーコン&チーズ〜北海道産ゴーダチーズ使用〜」も販売した。

とびきりベーコン&チーズ〜北海道産ゴーダチーズ使用〜(538円)、販売終了

 クリスマスには「モスチキン」がよく売れるが、これらの商品と合わせて購入する人が増えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -