ニュース
» 2020年03月05日 16時00分 公開

企業側は不安拭い去れるか:新型コロナで就活生に立ち込める暗雲――8割が不安、9割は影響懸念 (1/2)

新型コロナ報道の中で就活生の8割が「不安」。新卒就活支援サービスが調査した。Web面接・説明会には6割が「抵抗無く」の結果に

[ITmedia]

 合同企業説明会の相次ぐ中止など、新型コロナウイルス騒動で揺れる新卒市場。ベネッセホールディングスとパーソルキャリアの合弁会社、ベネッセi-キャリア(東京・新宿)による新卒就活支援サービス・dodaキャンパスの調査では、ほとんどの学生が新型コロナについて「就活に影響ある」「不安を感じる」と回答した。

 対面のイベントや面接のキャンセルが続く異常事態、収束の先行きも見えない中で、企業は学生側の不安をどう払拭できるかが問われる。

photo 新型コロナ騒動で就活生に不安が広がる(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

新型コロナ報道の過熱、学生に不安?

 調査は2月20〜24日、同サービスを利用する2021年卒予定の学生120人に、Web上で行った。

 「新型コロナウイルスに関する報道がある中、どのような思いを持っているか」という質問には、83.3%が「とても不安」「まあ不安」と回答。メディアによる新型コロナ報道の過熱ぶりが、大多数の学生に不安を与えているとも言えそうだ。

photo 21年卒予定学生に聞いた「新型コロナウイルスに関する報道がある中、どんな思いか」(dodaキャンパス調査)

 次に「新型コロナウイルスの対応で就活に影響があると思うか」と聞いたところ、95.9%とほぼ全員近い学生が「影響があると思う」「やや影響があると思う」と答えた。

photo 21年卒予定学生に聞いた「新型コロナウイルスの対応で就活に影響が出ると思うか」(dodaキャンパス調査)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間