調査リポート
» 2020年03月09日 16時01分 公開

スポーツマーケティング最前線:2位渋野日向子、3位羽生結弦、4位大谷翔平 「2019年度に注目されたアスリート」ランキング1位は?

世界で活躍するスポーツ選手の知名度を利用して、CMやイメージキャラクターに起用する企業のトレンドが続いている。NTTレゾナントが「gooウェブ検索」において検索ログを用いて調査した「2019年度に注目されたアスリート」ランキングでは、2位渋野日向子、3位羽生結弦、4位大谷翔平と続いた。1位は?

[ITmedia]

 世界で活躍するスポーツ選手の知名度を利用して、CMやイメージキャラクターに起用する企業のトレンドが続いている。NTTレゾナントが「gooウェブ検索」において検索ログを用いて調査した「2019年度に注目されたアスリート」ランキングでは、テニスの錦織圭選手が1位を獲得した。その錦織選手には日清食品やユニクロなど多数の企業がスポンサードしており、億単位の広告費が支払われている。

phot 錦織圭選手には日清食品やユニクロなど多数の企業がスポンサードしている(日清食品のプレスリリースより)

 同ランキング2位にはゴルフの渋野日向子選手がランクインした。渋野選手は2019年、海外メジャー「AIG全英女子オープン」に初出場で初優勝。日本勢としては42年ぶりにメジャーを制覇したことで注目を集め、ランキングに急上昇した。

 その結果、渋野選手は2019年、新たにJAL(日本航空)とサポート契約を締結。JALは今後、国内外移動時のサポートを中心に、渋野選手の活動をバックアップしていくとしている。

phot JALとサポート契約を締結している渋野日向子選手(JALのプレスリリースより)

 ランキング3位にはフィギュアスケートの羽生結弦選手、4位には野球の大谷翔平選手、5位にはフィギュアスケートの宇野昌磨選手がランクインしているが、いずれも大手企業のCMやイメージキャラクターへ起用されている。

phot フィギュアスケートの羽生結弦選手(写真提供:ロイター)

 スポーツ選手の起用は、試合出場時の広告効果が大きいだけでなく、スポーツ選手のストイックな姿勢、クリーンなイメージなども企業にとってメリットである場合が多い。芸能人の不祥事に関するニュースが増え、世間のバッシングが増えれば増えるほど、スポーツ選手を起用する企業も増えていくだろう。

phot 「2019年度に注目されたアスリート」ランキング

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間