3分Biz.
調査リポート
» 2020年03月28日 08時00分 公開

こんな同僚がいたら、こんなこと言われたら、職場でストレス

大和ネクスト銀行は「ビジネスパーソンの健康づくりに関する調査」を実施し、その結果を発表した。ビジネスパーソンは、職場にどんな人がいたらストレスに感じているのだろうか。20〜40代の男女に聞いたところ……。

[ITmedia]

 ビジネスパーソンが心の健康を害する原因のひとつに、「職場の人間関係」を挙げる人が多いと思うが、どんな人がいたらストレスに感じているのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「すぐにキレる人」(51.1%)が最も多く、次いで「いつもイライラしている人」(48.8%)、「自己中心的な人」(47.2%)、「うわさや悪口ばかり言っている人」(46.8%)、「嫌味を言ってくる人」(45.6%)であることが、大和ネクスト銀行の調査で分かった。

職場にこんな人がいたらストレス(出典:大和ネクスト銀行)

 「すぐにキレる」「イライラする」など、ネガティブな気持ちを態度に出すような人に対し、ストレスを感じる人が多いようだが、年代別に違いはあるのだろうか。50代では「自己中心的な人」 (54.8%) 、「不平不満ばかり言っている人」 (54.0%)、「口だけ達者で仕事ができない人」 (48.8%)が、他の年代と比べて多い。「50代のビジネスパーソンは、周囲への気配りができない人や、口だけで行動が伴っていないような人に対して、ストレスを感じるようだ」(大和ネクスト銀行)

 同僚のどのような言葉がストレスの原因になっているのだろうか。同僚から言われて一番ストレスを感じたセリフを聞いたところ、「まだできないの?」 (34件)がトップ。次いで「仕事が遅いね」 (12件) 、「使えないね」 (10件) という結果に。「仕事をせかされたり、仕事のスピードについて指摘されたりすると、気持ちが焦り、精神的な負担につながってしまうのだろう」(同)

同僚から言われてストレスに感じたセリフ(出典:大和ネクスト銀行)

 インターネットを使った調査で、20〜59歳のビジネスパーソン1000人が回答した。調査期間は3月7日から10日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間