3分Biz.
ニュース
» 2020年04月06日 05時00分 公開

東京ばな奈、関西へ“出張営業” 一部免税店を除いて首都圏以外での販売は初、その切迫した理由とは?4月には初の値上げも

東京ばな奈が、阪急うめだ本店で期間限定販売する。一部免税店を除いて首都圏以外での販売は初めてだという。このご時世にわざわざ“出張営業”する理由とは?担当者に聞いた。

[ITmedia]

 菓子類などを製造販売するグレープストーンはこのほど、看板商品である「東京ばな奈」を阪急うめだ本店で販売すると発表した。4月8日〜5月下旬の期間限定。空港の免税店を除き、同商品を首都圏以外で販売するのは初めてだという。

一部免税店などを除き、初となる関西進出(出所:グレープストーン公式Webサイト)

 販売するのは「東京ばな奈『見ぃつけたっ』8個入」で、1078円(税込)。同社が販売している他の商品は通販で販売したり、首都圏以外でも販売したりしていたが、同商品は初めての「販路拡大」となる。

 担当者は販路拡大の理由について、一時的な需要の低迷を挙げた。外出自粛などによる出張や旅行の取りやめが相次ぎ、土産物への需要が低迷していると説明。また、需要が減ると生産数を絞らざるを得ない。現在、同社は埼玉県と静岡県に製造拠点を構えているが、急激な需要減により稼働ペースを落としているという。

 しかし、東京ばな奈は商品性質上、保存がききづらい。公式Webサイトを見ると、各商品の「お日保ち」は購入日から7日ほど。賞味期限が短く、このまま需要が減少し続けて製造を止めてしまえば、店先から商品が消えることにもなりかねないので、これまで販売していなかった地域への販路拡大を決めた。

 同社は4月1日、物流費や原材料費の高騰を理由に、発売以来初めて「東京ばな奈」シリーズを値上げ。新型コロナの影響については「全くない」(担当者)とし、以前からこの時期に値上げすることを決めていたと強調した。新型コロナと値上げでピンチを迎える東京ばな奈だが、“出張営業”の成果はどうなるか。

値上げした商品一覧(出所:グレープストーン公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -