3分Biz.
ニュース
» 2020年04月28日 12時30分 公開

マクドナルド、全国2900店舗で客席利用中止 大型連休中の感染拡大防止へ全店舗に拡大

日本マクドナルドは4月29日から、全国の全店舗となる約2900店舗で店内客席の利用を中止する。特定警戒都道府県の13都道府県に加えて、対象を全国の店舗に拡大。ゴールデンウイーク中の感染拡大防止を図る。

[ITmedia]

 日本マクドナルドは4月28日、全国の全店舗となる約2900店舗で、29日午前5時から店内客席の利用を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を巡って特定警戒都道府県に指定されている13都道府県ではすでに実施しているが、対象を全国の店舗に拡大。ゴールデンウイーク中の感染拡大防止を図る。期間は5月6日まで。

マクドナルドが全国の店舗で店内客席利用を中止(出典:日本マクドナルド

 特定警戒都道府県にある約1910店舗では、4月20日から客席利用を終日中止している。今回、「さらなる安全強化と新型コロナウイルス感染拡大抑制のため」(同社)として、対象を全店舗に広げた。

店内客席利用中止を全国の店舗に拡大(出典:日本マクドナルド

 29日からは、店内で飲食できるサービスを中止し、持ち帰り、ドライブスルー、デリバリー(実施店舗のみ)で提供する。期間は5月6日までの予定だが、緊急事態宣言の状況や、政府・自治体などからの要請によって、対象店舗や実施期間を変更する可能性もある。

店内客席利用中止の概要(出典:日本マクドナルド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -