メディア
日本を変える「テレワーク」
調査リポート
» 2020年05月20日 14時32分 公開

「テレワークを実施」17%、始める前の不安は?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自宅などで働く人が増えたように感じるが、実際どのくらいいるのか。ビジネスパーソンに聞いたところ、「テレワークの制度を使ったことがある」と答えたのは17%。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自宅などで働く人が増えたように感じるが、実際どのくらいの人がいるだろうか。転職サイトを利用している男女に聞いたところ、「テレワークの制度を使って働いたことがある」と答えたのは17%であることが、エン・ジャパンの調査で分かった。

 「17%」の数字を聞くと、「まだまだ少ないなあ」と感じたかもしれないが、昨年に比べて14ポイントも増加。テレワークという働き方を選んだ理由を尋ねると、「新型コロナウイルス感染拡大など、非常事態だったから」(67%)を挙げる人が最も多く、「新型コロナウイルスの影響が大きいことがうかがえた」(エン・ジャパン)

テレワークという働き方を選んだ理由(出典:エン・ジャパン)

 テレワークの制度を使って働いたことがある人に、自宅などで働く前の不安を聞いたところ「会社にいるときと同じ成果を出せるかが不安」(45%)が最も多く、次いで「仕事とプライベートをハッキリ分けられるのか不安」(43%)、「同僚や上司と顔を合わせて意思疎通できない不安」(34%)と続いた。

 年代別にみると、20代は「同僚や上司と顔を合わせて意思疎通できない不安」、30代は「仕事とプライベートをハッキリ分けられるのか不安」、40代以上は「情報のセキュリティ管理が不安」が他の年代より回答が多かった。

テレワークで働く前、どのような不安があったのか(出典:エン・ジャパン)

 テレワークの満足度をうかがったところ、61%が「満足(とても+やや)」という結果に。

 インターネットを使った調査で、転職サイトを利用している男女1万3358人が回答した。調査期間は3月30日から4月26日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -