ニュース
» 2020年07月08日 13時20分 公開

アース製薬調査:小さい子どものいる母の3割強「今年の夏休み、家族でお出掛け自粛」

アース製薬が小さい子どものいる母に調査。3割強が「今年の夏休みは家族でのお出掛け自粛」。新型コロナを警戒。

[ITmedia]

 アース製薬が小学生以下の子どもを持つ母親に調査したところ、「今年の夏休みは家族での外出を自粛する」との回答が3割強に上った。理由として、やはり新型コロナウイルスの流行を挙げる人が多い結果に。コロナ禍は子どもの夏休みの過ごし方、ひいては子育て世帯の消費行動にも大きな影響を与えそうだ。

photo 今年の夏休みは自粛モードの家庭も少なくないようだ(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

新型コロナの流行を心配

 調査は5月27日〜29日、小学生以下の子どもを持つ全国の20〜40代の女性500人にネット上で実施した。

 まず「今年の夏休みは家族で出かけたいか」と聞いたところ、32.8%の人が「そう思わない」と回答した。自粛する人たちにその理由についても聞いたところ(複数回答可)、82.3%が「新型コロナウイルスの流行が心配」と答えた。

photo 小学生以下の子どもを持つ女性に聞いた「今年の夏休みは家族で出かけたい?」(アース製薬「親子の夏休みの過ごし方に関する調査」)
photo 小学生以下の子どもを持つ女性に聞いた「今年の夏休みに家族で出掛けない理由」(複数回答可、アース製薬「親子の夏休みの過ごし方に関する調査」)

 さらに、上記の自粛派の女性に「どこで子どもを遊ばせたいか」と聞いたところ(複数回答可)、上位には「自宅」(87.2%)と「近所の公園」(51.8%)が浮上した。

photo 「お出掛け自粛派」女性に聞いた「どこで子どもを遊ばせたいか」(複数回答可、アース製薬「親子の夏休みの過ごし方に関する調査」)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -