ニュース
» 2020年07月14日 18時10分 公開

副業希望者1万人アンケートで判明 副業で働きたい会社、トップはLINE

副業マッチングサービス「Kasooku」を運営するドゥーファが、登録ユーザー1万人に対して行ったアンケートによると、副業先として働きたい会社、トップはLINEだった。さらに、2位にFacebook、3位にTwitterとSNS企業が上位を占めた。

[ITmedia]

 働き方改革の一環として厚生労働省が副業・兼業の普及を促進し始めてから3年。社員の副業や兼業について認めている企業は徐々に増加してきており、すでに30%を超えてきた(リクルートキャリア調べ)。では、副業希望者は、どんな会社で働きたいと考えているのか。

 副業マッチングサービス「Kasooku」を運営するドゥーファ(東京都千代田区)が、登録ユーザー1万人に対して行ったアンケートによると、副業先として働きたい会社のトップはLINEだった。さらに、2位にFacebook、3位にTwitterとSNS企業が上位を占めた。

副業したい企業の人気ランキング(ドゥーファ調査より)

 ドゥーファは「LINEは、コミュニケーションアプリを中心としてさまざまなサービスに展開していることから、自分のスキルを試すことができるなどの理由で評価されているのではないか」と推測している。

 副業先を選ぶ際に、得られる経験と報酬のバランスについての問いでは、「経験重視」「どちらかというと経験重視」が合わせて52.6%となり、経験と報酬が拮抗した。

副業先への期待としては、経験と報酬が拮抗した(ドゥーファ調査より)

 一方、副業マッチングサービス利用者の間でも、副業がまだ一般的だとはいえないようだ。Kasookuの登録ユーザーのうち、65%が「副業は初めて」と回答しており、これからチャレンジしようという人が多い。そのためか、副業先を選ぶ基準としても、「いろいろ見たい」が52%、「スポット中心」が34%と、まだ消極的だ。

 ドゥーファは「これから副業にチャレンジするとなるとまだ不安があり『まずは知ること』『まずは体験すること』を重点的に考えていることが予測できる」と分析している。

 この調査は、2019年5月21日から6月30日にかけて、全国の「Kasooku」登録ユーザーに対して行われた。また、Kasookuには複数の副業案件が掲載されているが、LINE、Facebook、Twitterからの案件は現状存在しない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -