3分Biz.
ニュース
» 2020年07月21日 15時00分 公開

9月から提供開始:“正しい手洗い”を判定するAI 大日本印刷が工場や店舗向けに開発

大日本印刷は、正しい手洗いができているかをAIで判定する「手洗いAIサービス」を開発した。画像解析技術を活用する。感染予防対策として、工場や店舗、施設などを対象にサービスを提供する。

[ITmedia]

 大日本印刷は7月21日、正しい手洗いができているかをAIで判定する「手洗いAIサービス」を開発したと発表した。画像解析技術によって手洗い状況を判断し、正しい手順を指導する。新型コロナウイルスの感染予防対策として、工場や店舗、施設などを対象に、9月からサービス提供を開始する。

大日本印刷が「手洗いAIサービス」を開発(ニュースリリースより)

 手洗いAIサービスは、食品工場の衛生管理支援などにも使われる「DNPセキュア監視サービス」を生かして開発。カメラで撮影した映像データをAIで解析する技術を活用した。

 このサービスでは、洗面台に設置したカメラで手洗いの様子を撮影。厚生労働省が提唱する「正しい手洗い」の工程のうち、実施されたものやされなかったもの、経過時間などをリアルタイムで確認。解析結果を洗面台に設置したモニターに表示する。その上で、正しい手順を視覚的に表示して誘導する。

AIが手洗いを判定、正しい方法を指導する(ニュースリリース内の動画より)
正しい手洗いの方法、手順、時間を視覚的に表示(ニュースリリース内の動画より)

 従業員が一律に正しい手洗い方法を習得できるほか、正しい順番で手を洗うことで、比較的短い時間でも一定の手洗い効果が得られるという。また、判定結果のログが蓄積されるため、手洗い実施率などのデータとして活用することもできる。

 導入環境に応じて「検査モード」と「教育モード」を選択することが可能。また、それぞれの工場などで独自の手洗いマニュアルがある場合、アプリの設定によって、工程の並べ替えや作業時間の変更もできる。

 提供参考価格は、システム一式で50万円から。衛生管理の各種基準を満たす必要がある食品工場のほか、医療・福祉施設、学校などの公共施設、小売店や飲食店などを中心に、サービスを提供していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -