3分Biz.
ニュース
» 2020年07月22日 15時38分 公開

過去最高のカロリー:オリジン東秀が4連休に「メガ盛パワー2000弁当」を投入 「おうち時間の楽しみ」を提供

キッチンオリジンとオリジン弁当全店で「メガ盛パワー2000弁当」を販売。7月23〜26日の期間限定商品。外出を自粛しているお客に「おうち時間の楽しみ」を提供する。

[昆清徳,ITmedia]

 弁当・総菜専門店の「キッチンオリジン」や「オリジン弁当」を展開しているオリジン東秀は7月21日、「メガ盛パワー2000弁当」(税別1000円)を発売すると発表した。7月23〜26日の期間限定商品で、キッチンオリジンとオリジン弁当全店で販売する。在庫がなくなり次第、販売を終了する。

熱量は2000キロカロリー超(出所:リリース)

 メガ盛パワー2000弁当は、タルタルチキン南蛮1枚、生姜焼き1食分、唐揚げ3個、チーズチキンかつ1枚、ライス300グラム、キャベツ千切り、紅ショウガで構成されている。広報担当者によると、熱量は店内で販売している弁当としては過去最高となる2000キロカロリー超だという。ちなみに、吉野家史上最大級のボリュームがある「スタミナ超特盛丼」(798円)の熱量は1700キロカロリー超。

 なぜ、このような商品を開発したのか。オリジン東秀は、毎月29日に「肉トリプル丼」を販売している。これは、肉料理が大量に使われている限定商品で、毎回販売するたびにお客から支持されているという。例えば、5月29日に発売された肉トリプル丼は、チキン竜田1枚、豚とろ焼肉1食分、メンチかつ1個、ライス、キャベツ千切りで構成されていた。

 今回販売するメガ盛パワー2000弁当は、「これまでの『肉トリプル丼』をさらに振り切った商品」(広報担当者)という位置付け。4連休ではあるが、外出を自粛しているお客に対して「おうち時間の楽しみ」を提供するのが目的だという。ボリュームが多いので、家族でシェアするという用途も想定している。新型コロナの影響で、1人のお客が複数人分の総菜や弁当を買う傾向が強まっているという背景もある。

5月の肉トリプル丼(出所:リリース)

 大手外食チェーンが投入した高カロリー商品にはどのようなものがあるのか。例えば、かつやは4月に期間限定で「全力飯弁当」(750円)を発売した。同商品は、持ち帰り需要の高まりを受けて完売店舗が相次いだ。さらに、店内でも食べたいという声が高まったことから、6月には「全力大人飯」(750円)を期間限定で販売している。

売り切れ店舗が相次いだかつやの「全力飯弁当」(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -