ニュース
» 2020年08月21日 17時40分 公開

コロナ禍で注目のリモート接客、実際の経験率は?消費者調査で判明

コロナ禍で注目されるリモート接客。ただ実際の経験率は3%止まりに。「受けてみたいサービス」では医療がトップに。

[ITmedia]

 コロナ禍でなかなか外出しづらい中で注目されているのが、オンラインを介してサービスを受けたり店員とやりとりする「リモート接客」だ。ただ、リサーチ会社のクロス・マーケティング(東京都新宿区)が消費者調査を行ったところ、実際に体験したことのある人は3%程度にとどまった。経験者には若年層が多めなものの、ちょっと意外な年代も浮上する結果となった。

photo リモート接客の体験率は?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

20代高め、50代男性も

 調査は同社が全国の20〜69歳の男女1100人に8月18日、ネット上で実施した。

 まず、リモート接客の経験の有無を聞いたところ、受けたことのある人はわずか3.3%にとどまった。年代・性別ごとに見ると、20代男性が9.1%、20代女性も4.5%と、やはり若い世代に利用者が多い傾向となった。ただ、50代男性も4.5%とやや突出しており、上の世代でも今後、意外なニーズが出てきそうだ。

photo リモート接客を受けた人の比率(クロス・マーケティング「リモート接客に関する調査」)

 次に「今後利用してみたいと思うリモート接客のサービスの種類」について質問した(複数回答)。トップは「医療」(15.5%)で、特に50代女性からの支持を集めた。以前からリモート診療などが徐々に登場してきているが、コロナ禍を機に利便性がより注目されているようだ。

photo 今後利用してみたいと思うリモート接客のサービスの種類(複数回答可、クロス・マーケティング「リモート接客に関する調査」)

 他には「旅行手配」(10.8%)、「資産運用」(9.9%)などが上位に浮上した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -