ニュース
» 2020年08月31日 05時00分 公開

「飲食店の100万円」は「5000人分の売り上げ」と同じ コロナ禍で補助金アレルギーを克服すべき理由活用したい制度とは(2/4 ページ)

[中野 裕哲,ITmedia]

改めて考える補助金のメリット

 補助金のメリットとして何よりも重要なのは、返済が不要な点です。

 仮に100万円受給できる補助金があったとします。補助金として100万円受給することは、通常の営業活動で100万円のキャッシュを稼ぐことと比較するとどうでしょうか? 利益率が高いビジネスであれば、補助金の申請に時間をかけるよりも、本業で100万円稼いだほうが早いという人もいるかもしれません。

 しかし、多くの中小事業者にとって、100万円を稼ぐのは容易ではありません。例えば営業利益率が5%の飲食店を考えてみましょう。逆算すると、営業利益で100万円を稼ぐには2000万円の売り上げが必要です。2000万円の売り上げといえば、客単価4000円のお店であれば5000人分の売り上げです。

100万円は5000人分の売り上げと同じ(写真はイメージ)

 こうして考えていくと、補助金で100万円を受給できるということは、利益率の低い業種であればあるほど重要なものになってきます。また、利益率が低いということは、経費が多かったり、設備投資で固定資産を多く抱えていたりする業種が多いのも特徴です。こうした業種ほど、補助金のもとになる経費である補助対象経費が多い傾向にあります。つまり、利益率の低い業種ほど、積極的に補助金を活用して有利な経営をしていくべきなのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -