ニュース
» 2020年08月31日 05時00分 公開

「飲食店の100万円」は「5000人分の売り上げ」と同じ コロナ禍で補助金アレルギーを克服すべき理由活用したい制度とは(4/4 ページ)

[中野 裕哲,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

補助金アレルギーをなくそう

 こうした補助金は、常に最新の情報を各行政のWebサイトやニュースなどから情報を積極的に取り入れてアップデートしていかないと、そもそも申請のスタート地点にも立てません。

 そして、もう1つ補助金の申請に二の足を踏んでしまう原因が、申請書類の多さです。受給するまでに、申請書をはじめ、数多くの書類をそろえなければいけません。募集要項に記載されている必要な書類一覧を読んで、「なんだか面倒そう」ということで申請を思いとどまる経営者も多いでしょう。

 さらに、補助金は確実に受給できるわけではありません。補助金を受給するには、まずは事業計画書などを提出して合格する必要があります。補助金申請のための書類作成に取り掛かるのに、なかなか手が回らずに、応募期間を過ぎてしまったというケースも多々あります。

 このように面倒そうなイメージがある補助金ですが、実際に受給できればその効果は非常に大きいものとなります。実際に補助金を受給できた経営者からすれば、補助金の効果を大きく実感している人も多いでしょう。チャレンジするリスクを減らして、経営上の新たな挑戦をし続けるという姿勢にもつながります。

 とはいえ、補助金の申請は時間も手間もかかりますし、必ず審査に通るわけでもありません。「補助金はチャレンジしたいけど自分では難しそう」と感じたら、専門家に頼るのも一案です。とにかく、補助金に対してネガティブなイメージを持っている経営者、特に事業規模がそれほど大きくない(年商にして1億円以下)の小規模な事業者ほど、積極的に補助金を活用していくことをお勧めします。

著者プロフィール

中野 裕哲

税理士、特定社会保険労務士、行政書士、ファイナンシャルプランナー(CFP〈R〉)、一級ファイナンシャルプランニング技能士、起業コンサルタント〈R〉。V-Spiritsグループ代表(税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人V-Spirits/V-Spirits経営戦略研究所株式会社)。経営者の支援をライフワークとし、経営全体を窓口ひとつでまるごと支援する。年間約300件の経営相談を無料で受け、多くの経営者を伴走支援している。日本最大級の起業・経営支援のポータルサイト経済産業省後援DREAM GATEにて9年連続相談件数日本一。最優秀賞他8部門で受賞。V-Spiritsグループには、日本政策金融公庫元支店長、元金融機関融資課長、元国の補助金審査員、助成金に精通した社会保険労務士など、各ジャンルで経験豊富な専門家も在籍しており、総合的な経営支援を行っている。最新刊『給付金・協力金・融資・助成金・補助金・納税猶予・支払猶予 「新型コロナ資金繰り対策」がすべてわかる本』を7月18日に発売。



お知らせ

新刊『給付金・協力金・融資・助成金・補助金・納税猶予・支払猶予 「新型コロナ資金繰り対策」がすべてわかる本』(日本実業出版社)が7月18日に発売されました!

 次々と登場する新型コロナ関連の公的な支援策をわかりやすく整理して解説。最新情報はSNSでもフォロー


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -