連載
» 2020年09月03日 07時00分 公開

「家でペットと過ごす」需要が急拡大 コロナ禍で加速する“品薄”の背景世界を読み解くニュース・サロン(1/3 ページ)

コロナ禍で世界的にペット需要が拡大している。日本のペットショップでは、犬猫が品薄に。価格も高騰している。近年、子犬や子猫をむやみに量産することを規制する動きが進んだ事情もある。経済停滞が続けば、世話できなくなる人が続出する懸念も出てくる。

[山田敏弘,ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの人々の生活は変化している。これまで以上に自宅にいる時間が多くなった人も多いだろう。

 そんな中、注目されているのがペットだ。世界的に、コロナ禍による環境変化でペットを飼おうとする人たちが急増しているという。

 米国でも新型コロナ以降、ペットを求める需要は高く、数多くの人がペットを購入したりアダプト(里親になる)したりしているという。犬なら、もう2021年までのウェイティングリストが発生しており、ブリーダーも忙しくなっているという。動物保護施設でも数百匹の動物が引き取られ、施設が空に近い状態になっているところもあると報じられている。

 米国の調査では、ペット保有者の72%が「ペットがいなければ新型コロナの大変な状況を乗り越えられなかった」と答えているといい、ペットの存在が不可欠という人が少なくない。それほど新型コロナによる社会的なストレスが大きいということだろう。

コロナ禍でペット需要が拡大。ペットショップの現状は……(写真提供:ゲッティイメージズ)

 世界に目を向けるとどうか。シンガポールでもここ数カ月、これまで以上にペットを受け入れたい人が増えていると地元紙が報じているし、オーストラリアも米国のように需要が高まっているという。英国でも子犬の需要が急拡大しており、ウェイティングリストも通常の4倍に。アダプト専用Webサイトのアクセス数も600倍になっているという報道もある。

 そして日本も例外ではない。日本の状況を探るべく、ペット業界で働く人たちに話を聞いてみると、人々の活動が制限され、多くの人が仕事にも学校にも行けない状況が続いたために、ペットの需要はかなり高くなったという。さらに、日本が行ったコロナ対策もペット需要を押し上げていることが見えてきた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -