3分Biz.
調査リポート
» 2020年09月03日 15時30分 公開

“夢の国”だけではない:住民に愛されている街、「ファミリー向け家賃相場10万円以下」の1位は? (1/2)

リクルート住まいカンパニーは、関東1都4県のファミリー向け家賃相場10万円以下の街を対象とする「住民に愛されている街ランキング」を発表。1位は千葉県浦安市の「舞浜」だった。

[ITmedia]

 リクルート住まいカンパニーは9月3日、関東1都4県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)のファミリー向け家賃相場10万円以下の街を対象とする「住民に愛されている街ランキング」を発表した。1位は千葉県浦安市の「舞浜」。東京ディズニーリゾートが立地している街として知られているが、住民からは運動施設を使いやすいことなどが評価された。

ファミリー向け家賃相場10万円以下の「愛されている街」、1位は舞浜

 「ファミリー世帯がリーズナブルに住める穴場の街を探る」(同社)という目的から、関東1都4県居住者を対象に実施した「SUUMO 住んでいる街 実感調査」のデータを、ファミリー向けの家賃相場10万円以下という条件で集計し、ランキングを作成した。

 1位の舞浜(JR京葉線)は、駅南側のテーマパークや大型商業施設が目立つが、北側は住宅地が広がる。隣の新浦安駅に商業施設が充実しており、買い物に困らないことに加え、公共施設も充実。屋内プール、体育館、テニスコート、サッカー場、野球場などがある「浦安市運動公園」は幅広い世代が利用できる。住民からは「テニスコートや体育館などの運動施設が充実している」「公民館などの公共施設の使い勝手が良い」といったコメントがあった。

 2位は「加茂宮」(さいたま市、埼玉新都市交通伊奈線)、3位は「新大津」(神奈川県横須賀市、京急久里浜線)、4位は「藤沢本町」(神奈川県藤沢市、小田急江ノ島線)、5位は「京成幕張」(千葉市、京成千葉線)。加茂宮(大宮の近隣)や藤沢本町(藤沢の近隣)など、郊外中核駅に近い街が上位に目立った。中心街の商業施設を日常的に利用できる街の満足度が高いようだ。

ファミリー向け・家賃相場10万円以下で住める「住民に愛されている街ランキング」(=リクルート住まいカンパニー調べ)

 特に、大宮駅周辺では、加茂宮の他に「鉄道博物館」も7位に入った。大宮駅のファミリー向け家賃相場は14.3万円だが、加茂宮は8.5万円、鉄道博物館は8.8万円と近隣でもぐっと下がる。加茂宮駅周辺には県内最大級のショッピングセンター「ステラタウン」があるほか、市営の大型文化施設が近いことも高い評価につながった。

 3位の新大津は横須賀中央駅(京急本線)と京急久里浜駅(京急久里浜線)のほぼ中間地点に位置する。静かな住宅地で、野球場やテニスコート、相撲場がある「大津公園」があるほか、駅から徒歩20分ほどの「馬堀海岸」では自然の景観を楽しめる。商業施設や商店街が充実している横須賀中央と京急久里浜を日常的に使うこともできる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -