フィンテックで変わる財務
連載
» 2020年09月18日 07時00分 公開

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:「SBIや三菱UFJも被弾」相次ぐ不正出金のウラに隠れたもう1つの危ない現実 (1/3)

9月7日のドコモ口座による銀行預金の不正出金問題がくすぶり続けている中、16日にはSBI証券の顧客口座から、不正に計9860万円が引き出される事件が発生した。今回は、これらの不正出金問題を振り返りつつ、巷で見過ごされがちなもう1つの危ない現実についても確認したい。

[古田拓也,ITmedia]

 金融機関を標的とした度重なる攻撃に、業界全体が揺れている。

 9月7日のドコモ口座による銀行預金の不正出金問題がくすぶり続けている中、16日にはSBI証券の顧客口座から、不正に計9860万円が引き出される事件が発生した。現在、SBI証券はすべての顧客について出金先銀行口座の変更受付を停止し、郵送によってのみ出金先口座の変更手続を行うなど事件の対応に追われている。

 ドコモ口座とサービス連携しなかったことで難を逃れ、一定の評価を受けた三菱UFJ銀行。しかし、SBI証券の不正出金問題では、ゆうちょ銀行と共に三菱UFJ銀行の偽口座が不正出金の送金先として悪用されたことが判明し、一連の不正出金騒動で”被弾”した形となる。

 今回は、これらの不正出金問題を振り返りつつ、ちまたで見過ごされがちなもう1つの危ない現実についても確認したい。

ドコモ口座はセブンペイよりヤバい?

 ドコモ口座やSBI証券のような不正出金がらみの事案で、記憶に強く残っている事件といえば、「セブンペイ」だろう。ドコモ口座も、セブンペイもセキュリティーを犠牲にして顧客獲得や利便性を追求した結果、不正出金という結果を招いてしまった。

 セブンペイにおける被害者は、いわゆる「リスト型攻撃」の対象となるセブンペイユーザーであった。リスト型攻撃とは、別のWebサイトなどから漏えいしたIDとパスワードのリストを用いるタイプの攻撃方法である。なお、SBI証券の不正ログインに用いられた攻撃も、この「リスト型攻撃」によるものとみられている。セブンペイでは、このリスト型攻撃によって約900人、総額5500万円ほどの被害が出たことでサービス終了に追い込まれた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -