インタビュー
» 2020年09月24日 16時00分 公開

「変わらないといけないタイミング」:さくらインターネット、東京オフィス半減へ “眺めがいい最上階”も手放す、田中社長「リモート前提」の考え方 (1/3)

さくらインターネットが、2021年1月をめどに東京支社のオフィス(西新宿ビル)を半分以下に縮小する。コストカットが目的というよりは、業務を行うためだけの場からイノベーションを生むためのスペースに変える狙いがあるという。

[房野麻子,ITmedia]

 さくらインターネットが、東京支社のオフィス(西新宿ビル)を半分以下に縮小する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、在宅勤務が広まる中、空席が目立つオフィスの縮小、固定費の削減を検討している企業は少なくないだろう。さくらインターネットは9月現在、西新宿ビルの24階、28階、32階の半分、33階と全部で3.5フロアのオフィスを構えているが、2021年1月をめどに1.5フロアに縮小する。

 オフィスの内容も大きく変える。イベントを開催できるコミュニケーションスペースやディスカッションをしやすいミーティングルーム、インフラの検証環境が整ったラボルームなどを拡充する(改装完了の時期は未定)。コストカットが目的というよりは、業務を行うためだけの場からイノベーションを生むためのスペースに変える狙いがあるという。

 「半年前までの価値観では、オフィスは『社員が働きたい』と思うような情緒的な場所であり、経営者の成功のステータスシンボルでもありました。でも、それらを捨て去って自分自身が変わらないといけない、そういうタイミングなんだろうなと思います」──そう話すのは、さくらインターネットの田中邦裕社長。今回の縮小で、見晴らしがいい最上階のフロアも手放す。オフィス自体は必要だが、その役割を見直す必要があるという。

photo さくらインターネットの田中邦裕社長

 田中社長がこのように考える背景には、同社がコロナ禍に先立ち、リモートワークを導入した事情もある。総務部の中川幸造部長、ユウ昌日(チャンイル)氏、そして田中社長に、リモートワークへの移行の舞台裏、オフィスの在り方を聞いた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -