ITmedia DX
ニュース
» 2020年09月23日 18時48分 公開

富士ゼロックス、年間50万件の契約に電子署名を導入 顧客企業にもノウハウ提供国内最大級の活用件数

富士ゼロックスは9月23日、他社との契約書を対象に、年間約50万件の規模で電子署名を活用すると発表した。国内最大級の件数という。

[秋山未里,ITmedia]

 富士ゼロックスは9月23日、他社との契約書を対象に、年間約50万件の規模で電子署名を活用すると発表した。同社の契約全体の何割に相当するかは明かしていないが、国内最大級の件数という。今後、自社での活用ノウハウを生かし、顧客にも電子署名をはじめ、契約書のデジタル化に関するサービスを提供する。

photo 富士ゼロックスが提供する電子署名ソリューション

 同社は1月、電子署名サービスを手掛ける米DocuSignとパートナーシップを締結。顧客に販売していた「DocuSign」を7月から自社にも導入した。

 新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークが推奨されている一方で、押印など契約書関連業務のために出社せざるを得ないビジネスマンは多く、契約書のデジタル化は社会課題となっている。

 電子契約は出社せずとも対応でき、処理時間の短縮や印刷・郵送費などのコスト削減、改ざんや紛失によるリスクの低減につながるとされる。法的な有効性を疑問視する声も上がっていたが、政府が9月4日に「本人による電子署名が行われているときは、真正に成立したものと推定する」という見解を発表。こうした後押しもあり、各社が電子契約の活用に乗り出している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -