金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年10月06日 10時40分 公開

LINEを使った継続的本人確認、銀行向けにサービス開始

LINEは10月6日、銀行向けに口座保有者の本人確認を継続的に行う機能を提供すると発表した。2021年夏頃にサービスを開始する予定。LINE Payとオンライン本人確認(e-KYC)の仕組みを応用し、LINE公式アカウントで本人確認を行う。

[斎藤健二,ITmedia]

 LINEは10月6日、銀行向けに口座保有者の本人確認を継続的に行う機能を提供すると発表した。2021年夏頃にサービスを開始する予定。LINE Payとオンライン本人確認(e-KYC)の仕組みを応用し、LINE公式アカウントで本人確認を行う。

 LINE Payが銀行から委託を受けて、顧客に対する本人確認依頼の通知や、トーク画面での本人確認を行い、結果を銀行にフィードバックする仕組み。トークのやりとりや本人確認はAI技術を使って行う。

 やりとりには各銀行の公式LINEアカウントを使う。銀行は、顧客への金融商品の案内や住所変更などの手続きをLINE内で行うことも可能になる。

 銀行は口座開設時に本人確認を行うことが法律で義務付けられているが、法律施行前の口座開設者への対応やマネーロンダリング対策のために、継続的に本人確認を行うことが求められている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -