3分Biz.
ニュース
» 2020年10月06日 12時22分 公開

スーパーのヤオコーが「正月三が日」に休業 コロナ下で働き続けた従業員に報いるサミットも休業

埼玉県を中心に展開するスーパーのヤオコーが正月休みを増やす。コロナ下でも勤務を続けた従業員に報いるため。首都圏を中心に展開するスーパーのサミットも33年ぶりに1月3日まで休業することを決めている。

[ITmedia]

 埼玉県を中心に展開するスーパーのヤオコーは10月6日、一部の店舗を除き2021年1月1〜3日に臨時休業すると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大する中でも勤務を続けた従業員に報いるのが狙い。

埼玉県が地盤のヤオコー(出所:同社公式Webサイト)

 広報担当者によると、ヤオコーでは例年、1月1日と2月に開催する全社運動会の日だけを休業日としていたが、働き方改革を推進するために1月2日も休業するようになったという。また、コロナ下で働き続けた従業員の健康を考慮して、創業以来初めて20年9月13日に臨時休業を実施した。

 首都圏を中心に食品スーパーを展開するサミット(東京都杉並区)では例年、1月1日と2日に休業していた。しかし、コロナ下でも勤務を続けた従業員とその家族に感謝するため、33年ぶりにほぼ全店を21年1月1〜3日に休業する。

 ヤオコーやサミットのような動きは他の小売りチェーンにも広がるだろうか。

サミットは33年ぶりに正月3が日に休業(出所:リリース)
ヤオコーは社内運動会の日には休業(出所:ヤオコー決算説明資料)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -