3分Biz.
ニュース
» 2020年10月13日 14時00分 公開

コロナ禍で「焼きいも」が売れまくり! 価格が倍の商品も好調、ローソンストア100の分析結果は?消費者の行動が変化(2/2 ページ)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

価格が2倍の安納芋も人気

 ローソンストア100では、5年前から安納芋(200円)も販売しているが、こちらの売れ行きも好調だ。今年になって販売を開始してから前年比1.2倍のペースで売れており、「好調な滑り出し」(広報担当者)。鹿児島県種子島産のいもを使用しており、ねっとりとした食感とクリーミーな味わいが特徴だという。

安納芋も人気(出所:リリース)

 毎年、安納芋は焼きいもの1割程度しか売れないが、若い世代に支持されているのが特徴だ。安納芋を購入するお客のうち40歳未満が21%を占める。一方、焼きいも購入者のうち40歳未満の割合は17%だ。ちなみに、購入層の男女比は焼きいもと安納芋がともに女性65%、男性35%となっている。

 大手小売りチェーンにとって、焼きいもは季節感を演出できるアイテムだ。例えば、ドン・キホーテでは人気商品の1つになっている。また、スーパーのマルエツ(東京都豊島区)では通年販売している店舗もあるという。

 コロナ禍で焼きいもの販売量はどこまで増えるのか。

全国で700店舗近くを出店するローソンストア100
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -