ニュース
» 2020年10月13日 17時10分 公開

コロナでインバウンド需要消失、関連破綻は75件に 宿泊業特に深刻東京商工リサーチ調査(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

都道府県別では東京・大阪・北海道突出

 都道府県別に見ると、最多は観光スポットの集積する東京都で17件。続いて大阪府10件、北海道5件となった。外国人客に人気の観光地を擁するエリアでやはり影響が強かったとみられる。地区別に見ると、関東が21件、近畿19件、中部11件などという結果になった。

photo 地区・都道府県別に見たインバウンド消失関連破綻の件数(東京商工リサーチ「新型コロナウイルス関連『インバウンド消失型』破たん調査」)

 コロナ禍前までは、主要観光地だけでなく地方経済をも下支えする規模になっていた日本のインバウンド需要。延期された東京五輪・パラリンピックを控える中、「インバウンドさまさま」な状況に戻ることができるのか、それとも別のニーズ創出を迫られるか、注目される。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -