ニュース
» 2020年10月29日 11時10分 公開

観光コンテンツに魅力:全国魅力度、伸び率日本一が沖縄「糸満市」だったワケ (1/2)

ブランド総合研究所の「都道府県別魅力度ランキング」によると、1位は12年連続で北海道だった。市町村別に見ると、沖縄県の「糸満市」が昨年に比べて急上昇。その理由を調べたところ……。

[沖縄タイムス+プラス]
沖縄タイムス

與那覇 里子(よなは さとこ)

沖縄タイムス・デジタル部記者

1982年那覇市生まれ。2019年3月首都大学東京大学院卒業。2007年沖縄タイムス社入社、こども新聞「ワラビー」担当、社会部を経てデジタル部。


 民間シンクタンク「ブランド総合研究所」が10月14日に発表した2020年の都道府県別魅力度ランキング調査。1位は12年連続で北海道、2位は京都府、沖縄は昨年の4位から順位を一つ上げ、3位だった。7年連続最下位だった茨城県が42位となり、8年ぶりに最下位を脱出した。

糸満市の大渡海岸=2018年5月31日

 前年から魅力度が最も上昇した都道府県は長野県で、前年の24.8点から30.5点と5.7ポイント上昇。続いて石川県が3.8ポイント、沖縄県・茨城県が共に3.7ポイント上昇した。

魅力度上昇ランキング 上は都道府県、下は市町村

 市町村別に見ると、糸満市が昨年に比べて魅力度が急上昇。伸び率は全国1位で、昨年の11.1点から5.9ポイント上昇して17.0点だった。

 ブランド総合研究所によると、糸満市が「とても魅力的」と答えた人のうち、20代で13.8%、30代で10.8%と伸びが顕著で、若い世代が魅力度を押し上げた。

 また、糸満市に「ぜひ観光に行きたい」と答えた人の割合が昨年は11%だったのが、今年は17.5%に上昇。特に、北海道在住者は前年9.9%から18.8%に、関東地方は9.7%から17.0%、中部地方は6.9%から15.0%に伸び、東日本からの人気が高かった。

       1|2 次のページへ

Copyright © The Okinawa Times All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -