金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年12月03日 14時10分 公開

LibraがDiemに名称変更 2021年1月にもローンチか?

Facebookが進めてきた暗号資産のLibraのローンチが秒読みに入ってきたようだ。早ければ2021年1月にも発行される可能性が出てきた。米Financial Timesが報じた。併せて、12月1日に、Libraの名称をDiemに変更した。

[斎藤健二,ITmedia]

 Facebookが進めてきた暗号資産のLibraのローンチが秒読みに入ってきたようだ。早ければ2021年1月にも発行される可能性が出てきた。米Financial Timesが報じた。併せて、12月1日に、Libraの名称をDiemに変更した。

 Diemとはラテン語でDayを表し、「プロジェクトの新しい日を意味する」とプレスリリースでうたっている。同時に運営機関であるLibra協会もDiem協会に名称を変更した。

 Libraは2019年6月に発表、世界各国の複数通貨(通貨バスケット)と価格が連動する仕組みのステーブルコインとしてもともと構想された。しかし各国の金融当局の警戒を招き、当初Libra協会に参加を表明していた、大手決済企業やEC企業など28社は、発行に向けた動きがトーンダウンしていく中で脱退が増加した。そんな背景の中、4月17日に大きく方向転換し、単一通貨に連動するステーブルコインを目指すことを発表していた。

 当初のLibra構想からは大きく後退したものの、発行に向けて現実路線を歩みつつあり、名称変更は発行に向けた第一歩だともいえる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -