ニュース
» 2020年12月25日 11時47分 公開

アスベスト報道受けて:珪藻土マット「安全に使える」 沖縄の販売店が発信

ニトリが扱う珪藻土のバスマットなどに法令の基準を超えるアスベストが検出されたことを受けて、沖縄県内で展開するディスカウントストアの「ビッグワン」は、Webサイト上で自社が扱う珪藻土のバスマットにアスベストが検出されなかったと報告した。

[沖縄タイムス+プラス]
沖縄タイムス

 家具大手「ニトリ」が扱う珪藻土のバスマットなどに法令の基準を超えるアスベスト(石綿)が検出されたことを受けて、沖縄県内で12店舗を展開するディスカウントストアの「ビッグワン」は24日までに、ホームページ(HP)上で自社が扱う珪藻土のバスマットにアスベストが検出されなかったと報告した。同社によると、店舗には珪藻土のバスマットに関する報道を受けて、安全性を不安視する声が寄せられていたという。

(資料写真)珪藻土マット

 珪藻土のバスマットは湿気を吸収する能力が高いのが特徴。ビッグワンは「基準値を超えるアスベストが含まれている可能性がある」との報道が出た後、すぐに検査機関に検査を依頼した。同社は安全性が確認できたことからHPで「どうぞ安心してご使用ください」と発信している。

 県内で4店舗を展開する「ホームセンターさくもと」でも珪藻土のバスマットを扱っており、アスベストが検出されなかったと確認している。

Copyright © The Okinawa Times All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -