3分Biz.
ニュース
» 2021年01月26日 15時15分 公開

ヨドバシカメラ、仙台駅前に大型商業施設 2023年春完成へ2期計画が始動

ヨドバシホールディングスは、JR仙台駅東口エリアに新商業ビルを建設する。商業店舗やオフィスなどを備えた12階建ての施設となる。地域活性化を進める開発計画として、2023年春の竣工を目指す。

[ITmedia]

 家電量販店大手のヨドバシホールディングスは1月26日、JR仙台駅東口エリアに新商業ビルを建設する計画を発表した。商業店舗やオフィスなどを備えた12階建ての施設となる。地域活性化を進める開発計画として、2023年春の竣工を目指す。

ヨドバシホールディングスが建設する「ヨドバシ仙台第1ビル」のイメージ(出典:ニュースリリース)

 新たに建設に着手するのは「ヨドバシ仙台第1ビル」。仙台駅に隣接する場所に建設する。

 計画地の東側には、開発計画の1期として12年3月に竣工した「ヨドバシ仙台第2ビル」がある。第2ビルの開業以降、2期計画である第1ビルの計画着手についても検討してきたという。仙台市では20年9月、今回の計画地が特定都市再生緊急整備地域として国の指定を受けていた。

「ヨドバシ仙台第1ビル」の計画地(出典:ニュースリリース)

 計画地の敷地面積は1万5430平方メートル。新ビルは地下1階、地上12階建てとなる。ヨドバシカメラなどの店舗が開業するほか、一部をオフィスや駐車場として活用する。

 同社は「地域のさらなる発展と活性化に寄与すべく開発を進めるタイミングであると判断し、この度事業の決定をした」と発表している。

「ヨドバシ仙台第1ビル」のイメージ(出典:ニュースリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -