3分Biz.
ニュース
» 2021年03月01日 17時30分 公開

ヤマトHDが「クロネコマーク」を変更 64年ぶり 新事業に展開するマークも未来志向のデザイン

ヤマトホールディングスは3月1日、企業のシンボルマークとして使用している「クロネコマーク」を刷新すると発表した。現行との違いは……

[ITmedia]

 ヤマトホールディングス(HD)は3月1日、企業のシンボルマークとして使用している「クロネコマーク」を刷新すると発表した。4月1日から新デザインのものを使用する。

左:新クロネコマーク 右:現行のマーク(提供:ヤマトHD)

 同社のクロネコマークは、親ネコが子ネコを運ぶ様子を表現している。現行のマークは1957年に制定し、64年間同じデザインを使用してきたという。

 4月1日から使用する新デザインは、猫を囲む黄色の円が大きくなり、黒い線が無くなっている。また、親猫のしっぽや耳の形、子猫の足の形などを変更した。同社は「都市や街、地域の環境により調和し、溶け込みながら、日々重ねてきたサービスをさらに進化させていく意思の表明」と説明し、「より未来志向のデザインに磨き上げた」としている。

マークの使用イメージ(提供:ヤマトHD)

 新マークの使用と共に、新たな価値提供を象徴する「アドバンスマーク」を新設。新サービスや新事業に展開するとしている。また、黒と黄色をメインカラーとした4色のコーポレートカラーを制定。グループ統一のロゴタイプの使用も開始するという。

「アドバンスマーク」や統一ロゴタイプを制定(提供:ヤマトHD)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -