金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年03月17日 09時16分 公開

1ビットコイン預けると毎月1.5万円銀行入金 シグノスが円支払い仮想通貨レンディング

仮想通貨を預かり利息を支払う仮想通貨レンディングを営むシグノス(東京都港区)は、利息分を日本円で銀行口座に払い込むサービスを3月16日から開始した。仮想通貨レンディングは、通常預けた仮想通貨かビットコインで利息を支払うサービスが普通。日本円を銀行口座に振り込むサービスは他に例がない。

[ITmedia]

 仮想通貨を預かり利息を支払う仮想通貨レンディングを営むシグノス(東京都港区)は、利息分を日本円で銀行口座に払い込むサービスを3月16日から開始した。仮想通貨レンディングは、通常預けた仮想通貨かビットコインで利息を支払うサービスが普通。日本円を銀行口座に振り込むサービスは他に例がない。

 仮想通貨レンディングは貸仮想通貨とも呼ばれる。顧客から預かった仮想通貨を、海外大手機関投資家など仮想通貨を借り受けたい事業者に貸し出して、利息を受取る仕組み。シグノスでは預かった仮想通貨に対して、年率3%以上の利息を付けている。ビットコイン価格が600万円のとき、1ビットコインを預けると毎月1万5000万円が口座に入金される計算になる。

仮想通貨レンディングの仕組み(シグノス)

 現時点では、サービスを提供するのは預け入れ5000万円相当額以上の顧客。4月中には少額のレンディングでも対応する。

 海外では投機対象としてではなく、資産として仮想通貨を捉える動きが出てきており、仮想通貨を担保とした借り入れや、預け入れによって利息を得るレンディングなどの金融サービスが発展しつつある。ただし、法で規制される取引所とは異なり、レンディングサービスについては自由に参入が可能になっている。

シグノスの仮想通貨別利息の例(シグノス)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -