メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年04月06日 14時45分 公開

そごう・西武 非接触で商品説明から決済まで完結する「メディア型OMOストア」を出店実店舗とECを融合

そごう・西武は4月6日、オフラインとオンラインを融合させた「メディア型OMOストア」を展開すると発表した。

[ITmedia]

 そごう・西武は4月6日、オフラインとオンラインを融合させた「メディア型OMOストア」を展開すると発表した。ミレニアル世代やZ世代の支持を集めるD2C(Direct to Consumer)ブランドと協業し、新しい小売ビジネスの創出を目指す。

CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)(出所:プレスリリース)

 ストア名は「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」。店舗面積は700平方メートルで、西武渋谷店パーキング館1階をフルリニューアルし、2021年9月のオープンを予定する。

 店舗では、ミレニアル世代やZ世代の関心事である社会課題をテーマに設定。「モノ」に込められた思いや意味をオンライン・オフラインの双方で発信し、お客とブランドのマッチングを目指すとしている。テーマや商品は一定期間で入れ替れ、いつ来店しても新しい出会いと学びのあるストア体験を創出する。

出店予定の西武渋谷店パーキング館1階は現在改装中(西武渋谷店公式Webサイト)

 来店したお客は、配布された店内専用Webカタログを通じて、スマートフォンでカート追加や気に入り登録、決済などをできるようにする。店頭決済は完全キャッシュレスとし、商品は持ち帰りか自宅配送を選択可能とする。また、Webカタログを活用することで、スタッフを介さずに商品や製造背景の理解を深められるようにし、非接触で購買体験を完結できるようにした。

 リアル店舗と同時にECサイトも立ち上げる。一部の商品を除き、店頭とECサイトの在庫情報をタイムラグなしで完全連携させ、店頭で販売する商品は全てECサイトで購入できるようにする。また、ECサイトで注文した商品の店舗受け取りも可能とする。

CHOOSEBASE SHIBUYAロゴ(出所:プレスリリース)

 CHOOSEBASE SHIBUYAでは、実店舗出店の実績が少ないブランドでも商品展示や販売接客業務の追加負担なく出店できる仕組みを構築。出店者側の業務は販売商品のシステム登録と店舗への商品配送のみとし、店頭やECへの陳列、販促、在庫管理、販売売上管理などは全てそごう・西武が代行する。

 店内業務オペレーションは最新のデジタルツールを活用して効率化を図り、業務負担を軽減することで、D2C専業事業者を含めた幅広い出品者による展開が見込めるという。

 また、同店ではECサイトの訪問・購買データだけではなく、AI(人工知能)カメラによる店内動画データやWebカタログの行動ログデータなどを収集・解析し、オンライン・オフライン両方でお客の購買動向を把握できるようにする。データは出品者が管理画面から随時閲覧できるようにし、販促プロモーションやテストマーケティング、商品企画にも生かせる有益なデータを提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -