ニュース
» 2021年04月26日 05時00分 公開

スーパーなのに「18時」閉店!? コロナ禍の「時短時代」を生き抜くヒントを探る店舗運営のこれから(4/6 ページ)

[岩崎剛幸,ITmedia]

従業員が家族と一緒に食事できるスーパー

 ロピアには、どの店にもお客さんを楽しませるようなメッセージPOPが店内に貼られています。店によってそのメッセージは異なるのですが、小平店には次のようなメッセージがあちこちに貼られていました。

 「子供に自慢できる会社を目指しています」

 「仕事の後も家族とご飯を食べられるスーパーマーケット」

 ロピアは、お客さんを全面的に応援するために、働いている従業員も全力で応援するというメッセージです。

店内のメッセージPOP

 これまでの小売業界、特に食品スーパーがなしえなかった「家で家族とご飯を食べる」というライフスタイルを、ロピアは実現しようとしています。それほど食品スーパーは長時間勤務が当たり前で、当日の店じまいから翌朝のオープン準備までやることが多かったのです。どの小売業態と比べても、もっとも従業員がよく働いてきた業界だったと言えます。

ロピア小平店と周辺スーパーの営業時間

 ロピアが出店した小平地区は、食品スーパー激戦区です。住宅が密集しているエリアで、新築マンションも多く、比較的若い顧客層が増えている地区でもあります。まさに食品スーパーにとっては稼ぎどころのエリアとなるため、通常はできるだけ休まずに長い時間営業をしたくなるものです。

 実際、ロピア小平店周辺にあるスーパーは、全て21時以降に閉店します。もっとも近隣にある大型スーパーのサミットは、24時までの営業です。従来通りの感覚では、仕事終わりの顧客の利便性を考えたら、遅い時間まで営業するものです。営業時間を伸ばすと、売り上げ増にもつながります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -