連載
» 2021年04月27日 05時00分 公開

急増する「焼肉の和民」が「牛角」の脅威に!? コロナ禍の“有望市場”を制するのはどこか長浜淳之介のトレンドアンテナ(1/5 ページ)

ワタミが展開する「焼肉の和民」が好調だ。2020年10月に1号店をオープンしてから、3大都市圏で23店にまで拡大。同じ立地の「牛角」を脅かす存在になりつつある。

[長浜淳之介,ITmedia]

 ワタミが展開する「焼肉の和民」が好調だ。

 焼肉の和民は、コロナ禍のライフスタイル“ニューノーマル”に対応した、高品質な焼き肉をリーズナブルな価格で提供する焼き肉店として、2020年10月に1号店を東京都大田区にオープン。早くも、3大都市圏で23店にまで拡大している。

 居酒屋から業態転換した1号店の大鳥居駅前店に関して同社が検証したところ、20年10〜11月の売り上げは前年比で283.6%。3倍近い大幅な売り上げ増となった。一方、「和民」などの居酒屋業態は59.2%にとどまった。

「焼肉の和民」店舗

 ワタミはこの検証結果を踏まえて、今後は居酒屋業態120店を順次焼き肉業態に転換することを決断した。ニューノーマルの中、外食シーンで大人数が集まる宴会が激減。少人数の仲間内の集まり、ファミリー、1〜2人での利用がメインになる流れを捉えて、本業を居酒屋から焼き肉へとシフトした。

 4月25日〜5月11日の第3次緊急事態宣言を受け、東京都、大阪府、京都府、兵庫県で、飲食店は午後8時までの時短に加えて、酒類の提供が禁じられている。今後も同様な疫病が流行するリスクがあることを鑑みれば、外食企業として生き残るには、お酒がメインの居酒屋にすがることはできない。

 現に、ワタミでも緊急事態中、4都府県にある居酒屋236店を休業している。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -