金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年04月27日 09時34分 公開

仮想通貨の預託金残高1.4兆円 対前年6倍で過去最高

JVCEA(日本暗号資産取引業協会)は、国内仮想通貨取引業者の預託金残高などを公表した。それによると、2021年3月の仮想通貨現物の預託金残高は、過去最高の1兆4100億円となった。1年前から6.1倍に増加している。

[斎藤健二,ITmedia]

 JVCEA(日本暗号資産取引業協会)は、国内仮想通貨取引業者の預託金残高などを公表した。それによると、2021年3月の仮想通貨現物の預託金残高は、過去最高の1兆4100億円となった。1年前から6.1倍に増加している。

暗号資産現物の預託金残高と、稼働口座数の推移(JVCEA資料より作成)

 好調な仮想通貨価格を背景に、取引所の口座数も順調に増加した。3月の口座数合計は432万口座。1年前から1.3倍に増加している。一方で、全体のうち稼働している口座数は255万口座となっている。

 この1年で、仮想通貨の代表格であるビットコインの価格は約6倍に上昇しており、これが預託金残高の伸びをけん引した。3月の仮想通貨現物の取引高は、ビットコインが他を大きく引き離してトップとなっており、月間で2兆6501億円となっている。

 ビットコイン価格は4月半ばに一時700万円を超えるところまで上昇したが、その後急落。4月26日には518万円まで下がったが、その後急騰し、27日時点では580万円を超えるなど、値動きが激しい状況になっている。

3月の仮想通貨現物の取引高(JVCEA)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -