ニュース
» 2021年04月27日 15時27分 公開

大和ハウス、「最高級戸建住宅」を発売 コロナ禍で高額消費に走る富裕層のニーズに対応デザイナーチームも立ち上げ(1/2 ページ)

大和ハウス工業は最高級ブランドとなる戸建住宅商品「Wood Residence MARE−希−(マレ)」を発売する。コロナ禍で変化した富裕層のニーズに対応するのが狙い。

[ITmedia]

 大和ハウス工業は4月27日、最高級ブランドとなる戸建住宅商品「Wood Residence MARE−希−(マレ)」を発売すると発表した。コロナ禍でも堅調な富裕層のニーズに対応するのが狙いで、年間50棟の販売を目指す。

「Wood Residence MARE−希−」の外観(出所:リリース)

 MAREは、大空間・大開口を実現するとともに、地階や地上3階建てといった都市部における有効的な空間活用を提案する。大和ハウス工業は、自社内にデザイナーチーム「ZIZAI DesignOffice(ジザイ デザインオフィス)Tokyo/Osaka」を新たに立ち上げ、多種多様なニーズに合わせた設計を行う。

高天井高空間イメージ(出所:リリース)

 なぜ、最高級ブランドを立ち上げたのか。国土交通省によると、新設住宅着工戸数(持ち家)は長期的にダウントレンドとなっている。一方、同社が取り扱う本体価格5000万円以上の戸建て住宅の売り上げ件数は、コロナ前から約2割増えているという。

地下室のイメージ(出所:リリース)

 野村総合研究所の調査によると、19年における富裕層(純金融資産保有額が1億円以上)の世帯数は132.7万世帯。17年から6.0万世帯増加した。また、日本銀行の発表によると、20年末時点の個人(家計部門)の金融資産残高は1948兆円(前年比2.9%増)となっている。世界的な株高も背景に、富裕層の資産は増えている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -