フィンテックで変わる財務
ニュース
» 2021年04月28日 14時50分 公開

三井住友カードとコンカー、データ連携機能を拡充 「経費精算の完全自動化」目指す

三井住友カードと経費管理クラウドサービスを提供するコンカーは、経費精算クラウドシステム「Concur Expense」へのデータ連携機能の拡充を発表した。2020年9月に発表した戦略的業務提携の第二弾であり、入力項目削減とチェック作業の効率化を実現する。

[季原ゆう,ITmedia]

 三井住友カード(東京都港区)と経費管理クラウドサービスを提供するコンカー(東京都中央区)は、経費精算クラウドシステム「Concur Expense」へのデータ連携機能の拡充を発表した。2020年9月に発表した戦略的業務提携の第二弾であり、入力項目削減とチェック作業の効率化を実現するとした。

 三井住友カードのコーポレートカードでの決済により、高速道路の出入口情報、ユーザーの英字氏名、請求日データの連携が可能となる。同拡充により、経費精算時や海外出張時の入力項目の削減、請求書とカード請求情報の突合作業の効率化が見込まれる。

 21年9月には、国内線の発着空港情報、タクシー乗降地情報のデータ連携の提供開始を予定しており、さらなる入力項目の削減が可能となる。また、同情報のデータ連携は国内初であるとしている。

 両社は、20年下期に協働商品を販売。今後は申請・入力・承認レスを実現し、22年度を目途に「経費精算業務の完全自動化」を目指すとしている。また、完全自動化に向けたサービス開発の加速、2社での共催セミナーなどの取り組みを通じて、企業のDXへの意識向上を目指すべく連携を強化するとした。

コンカーは経費精算業務の完全自動化を目指す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -