ニュース
» 2021年05月07日 14時05分 公開

東武鉄道、21年度の設備投資計画 高架化の推進や駅施設の改装などで総額241億円秋には「乗車ポイント」付与サービス開始(1/2 ページ)

東武鉄道が鉄道事業における2021年度の設備投資計画を発表。総額241億円の設備投資を行う。

[上間貴大,ITmedia]

 東武鉄道は4月30日、鉄道事業における2021年度の設備投資計画を発表した。沿線4カ所で進めている鉄道の立体化工事の推進など、総額241億円の設備投資を行う。また、秋には「乗車ポイント」付与サービスも導入することを明らかにした。

秋をめどに鉄道乗車ポイントの導入も予定

 高架化を進めている区間は「竹ノ塚駅付近」「清水公園〜梅郷間」「とうきょうスカイツリー駅付近」「春日部駅付近」の4カ所。また、東上線の大山駅(東京都板橋区)付近においては、自治体と事業化に向けた協議を進めている。

 鉄道の立体化を行うことで、踏切における渋滞や事故を解消し、分断された周辺市街地をスムーズに行き来できるようにする。また高架下空間を活用することで都市の活性化や発展につながる効果も期待されると同社は説明する。

 東武スカイツリーライン竹ノ塚駅付近(西新井〜谷塚間)では、足立区が施行する都市計画事業として連続立体交差化工事を行っている。20年度までに上下急行線の高架線が完成し供用を開始。21年度は上下緩行線の高架橋と駅舎工事を推進する。2カ所の踏切を廃止し、竹ノ塚駅(東京都足立区)の高架化を目指す。

竹ノ塚駅完成イメージ(以下、プレスリリースより)

 東武アーバンパークラインの清水公園〜梅郷間では、千葉県が施行する都市計画事業として連続立体交差化工事を実施。20年度は同区間で高架線の供用を開始し11カ所の踏切を廃止。また愛宕駅(千葉県野田市)は新駅舎の供用を開始した。21年度は地平設備などの撤去を進める計画で、23年度中の野田市駅の新駅舎供用開始と2面4線化を目指し工事を進めていく。

野田市駅

 東武スカイツリーラインのとうきょうスカイツリー〜曳舟間は、墨田区が施行する都市計画事業として連続立体交差化工事を進めている。24年度の完成を目指し、21年度は上り線の高架橋工事を推進する。この事業が完了すると、1カ所の踏切が廃止される計画だ。

 東武スカイツリーライン・東武アーバンパークラインの春日部駅付近(一ノ割〜北春日部間、八木崎〜藤の牛島間)では、埼玉県が施行する都市計画事業として連続立体交差化工事を実施。21年度は、春日部駅東側で仮線工事に向けた準備工事を進める。この事業が完了すると、10カ所の踏切が廃止される。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -