3分Biz.
ニュース
» 2021年04月28日 08時40分 公開

11分が5分に短縮 西武線と丸ノ内線の新宿駅を地下通路で直結 西武鉄道が協議開始歩行者流動を分散化

西武鉄道が、西武新宿駅と東京メトロ丸ノ内線の新宿駅を結ぶ新しい地下通路の整備に向けた協議を開始する。

[ITmedia]

 西武鉄道は4月26日、西武新宿駅と東京メトロ丸ノ内線の新宿駅を結ぶ新しい地下通路の整備に向けた協議を進めると発表した。工事期間は未定。駅とまちの回遊性を向上し歩行者流動を分散化させるほか、西武新宿駅からの乗り換え利便性の向上を図る。

建設予定図(プレスリリースより)

 新宿区が「新宿駅北東部地下通路線」の都市計画手続きを開始したことを受け、西武鉄道が事業予定者として整備に向けた取り組みを進める。地下通路は西武新宿駅からつながる「新宿サブナード」と「メトロプロムナード」を結ぶ。現在、地下通路のみで移動した場合約11分かかるが、新たな地下通路を整備することで約5分に短縮されるという。

都市計区画変更素案の説明会資料(新宿区公式Webサイトより)

 東京都と新宿区は2018年3月に駅、駅前広場、駅ビルなどを一体的に再編整備する「新宿の拠点再整備方針〜新宿グランドターミナルの一体的な再編〜」を策定している。同社は、地下通路の整備でこの実現に貢献するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -