メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年05月13日 11時02分 公開

「選択的週休3日制」賛成は8割、職場に導入は?実現は難しい(1/2 ページ)

「選択的週休3日制」について、どのように感じている人が多いのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ……。

[神奈川はな,ITmedia]

 総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」を運営する日本ファイナンシャルアカデミーは5月12日、「選択的週休3日制と家計、副業、投資に関する意識調査」の結果を発表した。

 現在政府で議論されている「選択的週休3日制」は、リカレント教育の推進のほかに、育児や介護との両立など“多様な働き方”を支援する制度となりそうだが、この制度やお金についての現役世代の考えを調査するのが目的。

 対象は全国の20代〜50代の会社員400人。選択的週休3日制の導入には約8割が賛成している一方で、「自分の職場に導入されると思わない」と答えた人が約8割いた。

選択的週休3日制とお金に関する意識調査 選択的週休3日制と家計、副業、投資に関する意識調査

「選択的週休3日制」の導入について

 「選択的週休3日制について、あなたの意見はどうですか?」と尋ねたところ、「賛成」35%と「どちらかというと賛成」42%を合わせて、77%の人が肯定的な考えを示した。

 賛成派からは「趣味など好きなことに時間を使える」「育児と両立がしやすくなる」といったワークライフバランスを重視した声が、反対派からは「収入が減るのが嫌」「年金や社会保障に影響が出るのが嫌」といったお金の不安に関する声が寄せられた。

選択的週休3日制とお金に関する意識調査 選択的週休3日制についての意見
選択的週休3日制とお金に関する意識調査 選択的週休3日制に対する、賛成・反対理由

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -