メディア
ニュース
» 2021年05月13日 14時05分 公開

AIカメラが「迷っている顧客」発見→店員がすぐ接客 イオンが新技術従業員の負担軽減へ

イオンリテールは5月13日、店内カメラの映像を分析する「AIカメラ」を導入することを発表した。接客や判断業務、売場レイアウトの改善につなげる。

[小林可奈,ITmedia]

 イオンリテールは5月13日、「AIカメラ」を導入すると発表した。店内で購入を迷っている顧客を見つけたり、立ち寄り時間が長い棚がどこかを判断したりすることで、接客や売り場レイアウトの改善につなげる。5月オープン予定の「イオンスタイル川口」(埼玉県川口市)からスタートし、約80店舗に順次導入予定だ。

photo AIカメラを活用した接客イメージ(同社リリースより)

 AIカメラは、店内カメラを通じて映像を分析し、ベビーカーやランドセル売場などで購入を検討中の顧客を判断し、従業員へ通知。従業員が近くにいない場合でも、顧客を待たせることなく接客対応できる。

photo AIが店内カメラの映像を分析し、従業員に通知(同社リリースより)

 また、顧客の立ち寄り時間の長い売場や動線、手を伸ばす頻度が高い商品棚などを可視化。売場レイアウトの変更や店舗ごとに異なる売れ筋商品の充実につなげる。レジ前のカメラが顧客の年齢を推定し、未成年者と判断した場合にはレジ従業員に通知する機能もあり、従業員の負担軽減をねらう。

photo AIカカクの使用イメージ(同社リリースより)

 同社は既に、商品の販売実績や天候・客数などの環境条件を分析し、割引時に適切な価格を提示する「AIカカク」を約140店舗で導入済だ。総菜のバーコードを読み取り、陳列数を入力すると適切な割引率を提示する。食品ロス削減の取り組みにもつながるほか、値下げや売り切り業務に関わる教育時間も軽減できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -