金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年06月02日 11時18分 公開

コード決済市場規模4.2兆円 1年で規模3.5倍に キャッシュレス推進協議会

キャッシュレス推進協議会は、2020年のコード決済の利用状況データを公表した。2020年の決済金額は4兆2003億円となり、19年の1兆1205億円から約3.5倍に増加した。また月間アクティブユーザー数(MAU)は19年の1854万人から3636万人へと倍増した。

[斎藤健二,ITmedia]

 キャッシュレス推進協議会は、2020年のコード決済の利用状況データを公表した。2020年の決済金額は4兆2003億円となり、19年の1兆1205億円から約3.5倍に増加した。また月間アクティブユーザー数(MAU)は19年の1854万人から3636万人へと倍増した。

店舗での月間決済金額の推移(キャッシュレス推進評議会)
月間アクティブユーザー数の推移(キャッシュレス推進協議会)

 月次データを見ると、20年12月の決済金額は4837億円となり過去最高。店舗での決済件数も2億9668万回と、連動して増加が続いている。クレジットカードの決済金額は年間約63兆円、月間で5〜6兆円規模(日本クレジット協会)となっており、クレジットカードの1割弱まで増加してきたかたちだ。

 トレンドが見られるのが、クレジットカードを経由したコード決済の増加だ。19年は決済金額の14%に過ぎなかったが、比率は徐々に上昇。20年12月には29%がクレジットカードからの決済となっている。

 また多くのコード決済では、いったんチャージを行った後にその残高から支払う形を取るが、チャージ残高も増加トレンドにある。19年のチャージ残高は1122億円(12月末時点)だったが、20年12月末には2473億円と倍増した。

 絶対額としては小さいものの、サービス内での送金金額も増加している。20年12月には月間で203億円が送金されており、決済金額の増加と歩調を合わせて増加している。

月間送金金額と件数の推移(キャッシュレス推進協議会)

 コード決済の市場データは、ユーザーアンケートなどに基づく推定値が多いが、このデータはキャッシュレス推進協議会が、キャッシュレス事業者16社から提供を受けたデータを集計したもの。PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、au PAYなど主要事業者が含まれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -